≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

販売所と取引所の違いとは?【仮想通貨初心者向け】

取引所と販売所の違いって何だろう・・・・。

仮想通貨を始めるに前に知っておいた方がいい知識として取引所販売所の違いについてまとめました。

お金が関わってくる問題なのでしっかりと違いを把握しておく事が大事です。

仮想通貨は簡単に始める事は出来ますが知らないところで損してしまう事も仮想通貨の怖い所です。

仮想通貨をこれから始める方は読んでおきましょう!

取引所と販売所で仮想通貨は買える

仮想通貨は取引所か販売所のどちらかで買う事ができます

仮想通貨取引所(bitFlyerbitbankZaifなど)で売買を行う時に取引所と販売所で売買する項目が出てきます。

面倒だからどっちでもいいや」と調べずに取り組むと後々に痛い目をみる可能性が出てきます。

また、2018年に入っても取引所や販売所は増えてくると思います。

仮想通貨取引所にもそれぞれ特徴があり、取引所がメインなのか販売所がメインなのかを見極めれるようになります。

しっかりと違いを把握し仮想通貨を購入しましょう!

取引所と販売所の違いは?

それでは、ビットフライヤーの画面を元に取引所と販売所の違いを見て行きましょう!

左のメニュー項目を見るとビットコイン販売所ビットコイン取引所とわかれていると思います。

ビットフライヤーでビットコインを購入する場合、販売所と取引所で購入できるという事になるのですが違いは購入元が異なります

それぞれ詳しく説明していきます。

販売所とは?

販売所とは、仮想通貨取引所から仮想通貨を買うことです

ビットコイン販売所」からビットコインを購入するという事はビットフライヤーから直接ビットコインを買う事になります。

メリットは、簡単に即時に売買ができることです。

また、デメリットは販売所から仮想通貨を購入すると購入価格が高くなってしまう事です。

取引所とは?

取引所とは、他のユーザーから仮想通貨を買うことです

取引所に表示されている「」を利用して売買を行っていきます。

Ask 数量 (BTC)」に表示されているのが、ビットコインを売りたい人の金額になり、「Bid 数量 (BTC)」に表示されているのが、ビットコインを買いたい人の金額になります。

取引所で仮想通貨を売買を行うには売りたい人と買いたい人の「金額」と「数量」が一致しないと成立しないという事になります。

メリットは、販売所より購入価格が低いのでお得に仮想通貨を売買できること。

また、デメリットは取引が必ず成立するという保証がないという事です。

販売所と取引所の購入価格の違い

販売所と取引所の購入価格の違いは大きく異なってきます。

販売所と取引所の違いは同じ時間帯で見ると購入価格の差が明確になります。

販売所での購入価格が「907,681」に対し、取引所での購入価格は「893,399」になっています。

差額は「14,282」もあるのでトレードを重ねていくうちに大きな痛手になってきます。

仮想通貨を売買する時はしっかりと金額などをみて取引する事が大事です。

スポンサーリンク

まとめ

以上で販売所と取引所の違いになります。

まとめると、販売所では購入価格が高くなりますが即時に購入ができます

取引所では購入価格がお得になりますが、板情報にある金額と数量で取引するので時間がかかるという事になります

個人的な意見になりますが、仮想通貨を始める時はまずは取引所で長期保有で持ってみるといいでしょう。

生活に支障がない金額で取引をしていきましょう。