≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【bitbank.cc】仮想通貨取引所ビットバンクの特徴とは!?手数料無料でリップルやモナコインも買えるぞ!

ビットバンクってどんな取引所なのかな・・・。

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴やメリット・デメリットなどをまとめました。

セキュリティー面でも安心して仮想通貨の取引が楽しめる仮想通貨取引所ビットバンクとは、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

今や国内取引所でリップルを買うならビットバンクと言われるぐらい知名度が上がっています。

興味のある方はどうぞ!

bitbank.cc(ビットバンク)
公式サイトはこちら!

bitbank.cc(ビットバンク)

社名 ビットバンク株式会社
設立 2014年5月
資本金 11億3100万円
所在地 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
代表取締役CEO 廣末紀之
公式サイト bitbank.cc公式ページ

ビットバンクは2014年に設立された会社であり、リップルが上場してから認知度や人気も上がってきている取引所です。

さらに、ビットバンクは手数料が無料である事やセキュリティーが強い事でも有名な取引所です。

また、ビットバンクでは現物取引のできる取引所をbitbank.cc先物取引の取引所はbitbank Tradeと、分けてサービスを提供しています。

今回は現物取引のできる取引所のビットバンクの特徴やメリット・デメリットを紹介します!

ビットバンクは販売所ではなく、取引所になります

販売所と取引所の違いについてはこちらの記事をどうぞ!

【初心者向け】仮想通貨を始める前の必要な知識!取引所と販売所の違いについて

ビットバンクの特徴とは?

ビットバンクには特徴が手数料やセキュリティー面も含めたくさんあります。

一つ一つ具体的に紹介していきます!

仮想通貨の種類

ビットバンクが取り扱っている仮想通貨の種類は全部で6種類です。

種類
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

リップルを買うならコインチェック派の人もいましたが、セキュリティー面が強い事からビットバンクで購入している人も少なくはありません

長期で保有するならビットバンクがいいのかもしれません。

ちなみに、私はビットバンクで保有しています。

リップルについての特徴についてはこちらの記事に詳しく書いていますので興味のある方はどうぞ!

【XRP】仮想通貨Ripple(リップル)とは?特徴・チャート・今後について分かりやすくまとめました!

仮想通貨全ペア取引手数料ゼロ

特徴として人気な理由が取り扱ってる仮想通貨の取引手数料が無料である事です。

こちらは2017年10月16日からスタートしているキャンペーンなのですが現時点(※3月31日)では、2018年6月30日まで延長されています。

キャンペーンの期間は延びて延びて6月30日に延長されているので、正直まだ延びそうな感じもあります笑

キャンペーン中は取引手数料は無料なので、短期で売り買いしたい人には安く取引ができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

セキュリティーが強い

ビットバンクはセキュリティーが強い事でも有名です。

ビットバンクでは、送金時等の認証方法において、二段階認証かつSMS認証の両方が設定ができます。

各取引所の中でもビットバンクのセキュリティーはトップクラスなのではないでしょうか。

オフラインのコールドウォレット採用し、マルチシグでハッキング対策もしっかりしているようなので安心して保有ができます。

コールドウォレットとは?

インターネットと完全に切り離されたウォレットのことを指します。

コールドウォレットにも種類があり、秘密鍵を紙に印刷して保管をする「ペーパーウォレット」と安全な専用デバイスなどで秘密鍵を管理する「ハードウェアウォレット」があります。

このように、インターネットを切り離す事で外部からの脅威がなくなります

また、ハードウェアウォレットではLedger Nano S(レジャーナノS)が人気です。

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?

マルチシグとは?

マルチシグネチャ(マルチ=複数、シグネチャ=署名)の略であり、公開鍵暗号方式において、秘密鍵が2つ以上ある状態のことを言います。

ビットバンクのセキュリティーについてはこちらの記事に詳しく記載しています。

興味のある方はどうぞ!

【bitbank】ビットバンクが管理している仮想通貨のセキュリティ(コールドウォレット・マルチシグ)について解説も含めてまとめました!

金融庁の登録

セキュリティーの他にも安心して仮想通貨の取引ができる信用材料として、金融庁による仮想通貨交換業の登録が終わっています

また、国内で仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要です。

コインチェック騒動から仮想通貨に関する規制は厳しくなっており、金融庁の登録に苦戦している取引所も少なくはないです。

あくまでも信用材料としてなので、絶対に安心できる訳ではありませんのでご注意を。

>金融庁「仮想通貨交換業者登録一覧」はこちら!

スポンサーリンク

メリット・デメリット

特徴を踏まえた上でメリットやデメリットをみていきましょう。

各取引所にもそれぞれ特徴があるので、ビットバンクで取引を行うのであればメリット・デメリットを確認する事が大事です。

メリット

メリットに関してはここまで読んでもらったらわかると思いますが、安心して仮想通貨の取引が行えるところにあると思います。

コインチェック騒動から何より仮想通貨はどこに保管してたら安心できるのかという不安感はあると思うので、信用材料として金融庁への登録やセキュリティー面の強さは充分なメリットと言えるでしょう。

  • 取引手数料が無料
  • セキュリティーが強い
  • 金融庁への登録が完了している

デメリット

デメリットとしてこれは金融庁との兼ね合いもあるので仕方ない事ではありますが、取り扱いの仮想通貨の種類が少ない事です。

草コインなどで億り人を目指したい人にとってはもの足りないかもしれません。

また、現在の国内取引所の中でも取引所の規模が比較的小さいといえるでしょう。


引用元:Bitcoin日本語情報サイト

上記の図は1日のあたりの各国内取引所のビットコイン取引高を表しています。

規模の小さい取引所ほど取引における流動性が悪くなり、取引がなかなか成立しないといった可能性も高くなります。

まとめ

セキュリティー面も強い為、安心して仮想通貨の取引をしたい方にとってオススメな取引所といえるでしょう。

仮想通貨も有名どころは抑えているので、長期保有目的で持つのもいいでしょう。

また、手数料も無料キャンペーン中なのでリップルを購入したい方はビットバンクで購入するのがオススメです。

bitbank.cc(ビットバンク)
公式サイトはこちら!


★ハードウェアウォレットまだもっていない方はこちらからどうぞ!★
Ledger Nano S(レジャーナノエス)は正規販売代理店で!
LedgerNanoS(レジャーナノエス)は正規販売代理店のhardwearwallet.jpで購入ください。