≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【bitFlyer】仮想通貨取引所ビットフライヤーの手数料って高いの?特徴・メリット・デメリットなどのまとめ!

ビットフライヤーの特徴ってなんなんだろう・・・。

仮想通貨取引所ビットフライヤーの特徴・メリット・デメリットなどのまとめです。

仮想通貨取引所はそれぞれ特徴が異なります。

ビットフライヤーの特徴をしっかりと見極めて仮想通貨の取引を行っていきましょう!

登録がまだの方はどうぞ!

bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイトはこちら!

bitFlyer(ビットフライヤー)

社名 株式会社bitFlyer
設立 2014年1月9日
資本金 41億238万円
所在地 東京都港区赤坂 3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
代表取締役CEO 加納裕三
公式サイト bitFlyer公式ページ

ビットフライヤー(bitflyer)は、国内でも最大手の仮想通貨取引所です。

国内の取引所の中で最も資本金が多い事やゴールドマンサックスなどの外資金融出身の人物が多い事、多数の大手企業から出資を受けているという信頼性の高さなどから人気の取引所でもあります。

どのような特徴があるのかしっかりと見ていきましょう!

特徴とは?

国内取引所で資本金がもっとも多く、大手企業からの出資を受けているビットフライヤーは、どんな特徴があるのでしょうか。

人気の秘訣に注目していきたいと思います!

資本金が国内取引所でトップ

有名な国内取引所ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、コインチェックで比較してみてもダントツで資本金が多い事がわかりますね。

会社名 資本金
bitFlyer(ビットフライヤー ) 41億238万円(資本準備金含む)
bitbank.cc(ビットバンク) 11億3,100万(資本準備金含む)
Zaif(ザイフ) 8億3,013万円(資本準備金含む)
Coincheck(コインチェック) 9,200万円

大手企業からの出資

みずほファイナンシャルグループや三菱UFJといった大手銀行も株主になっています。

このように大手企業が将来性を考慮して出資しており、ビットフライヤーの企業としての信頼感はすごく高いという事がわかりますね!

仮想通貨取引高が世界一

Coinhills」というサイトデータからでありますが、ビットフライヤーは仮想通貨の取引高が世界で一位です。

仮想通貨を多く取り扱っているバイナンスを抜いています。

ユーザ数も多く、大きなお金も動いている事がわかりますね。

取り扱い仮想通貨の種類

販売所と取引所で取り扱っている仮想通貨の種類は全部で7種類です!

ビットフライヤーは徐々に仮想通貨の種類も増えていってます。

珍しいコインで言うと、ビットフライヤーではリスク(LSK)を取り扱っています!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

ビットコインをもらう

ビットフライヤーには「ビットコインをもらう」というサービスがあります。

「ビットコインをもらう」内で紹介している広告経由でサービスを利用すると、一定額のキャッシュバックでビットコインをもらうことができるお得なサービスです。

楽天やアマゾンで商品を購入すると楽天ポイントやAmazonポイントが貯まると思いますが、貯まるポイントがビットコインに変わるとイメージして頂いて大丈夫です。

「ビットコインをもらう」内で紹介している広告には、有名どころで言うと楽天市場じゃらんnetZOZOTOWNHuluがあり日用品から家具、洋服、旅行などの商品があります。

普段購入している商品をビットフライヤー経由で購入すれば自然とビットコインが貯まるという素敵なサービスです。

個人的にビットフライヤーと言えば「ビットコインをもらう」というサービスの印象が強いです。

「ビットコインをもらう」というサービスは仮想通貨を取り組みたいけど、お金がないという人にオススメです。

仮想通貨に興味がある方は、「ビットコインをもらう」というサービスを利用する所から始めるのもいいかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイトはこちら!

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)

ビットフライヤーはbitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)のサービス展開をしています。

このサービスはビットコインの現物FX先物取引アルトコインの現物の取引に対応した取引所になります。

また、レバレッジを1倍〜15倍かけて取引ができるということで、効率的に資金が増やせる反面、資金の減り方も凄いです。

お金に余裕がない人や損切りが苦手な人は使わない方がいいでしょう。

ビットフライヤーでのビットコイン取引の大半は、bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)を使って行われています

販売所or取引所?

ビットフライヤーは販売所か取引所どちらかと問われると答えは両方です。

ビットフライヤーは取引所というより販売所がメインになります。

ビットコイン販売所ではビットフライヤーが取引相手となりビットコインの売買が行われていますが、bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)が取引所になります。

販売所になるとどうしても割高になる為、取引所で仮想通貨を売買している人は多いです。

ビットフライヤーでは取り扱っているアルトコインが少ない為、取引所でビットコイン以外の仮想通貨の取引をしたい方は他の仮想通貨取引所を開設した方がいいのかもしれません。

【初心者向け】仮想通貨を始める前の必要な知識!取引所と販売所の違いについて

手数料って高いの?

ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 0.01% ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料
※終了の2週間前に告知
Lightning FX/Futures
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所 無料
※終了の2週間前に告知
イーサ(イーサリアムクラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所

取引所で売買する場合はユーザー同士で直接取引を行い、販売所はビットフライヤーから直接ビットコインを買う事になります。

販売所からの売買手数料が無料になっていますが、取引所で購入するのに比べて販売所での価格は、割高になリます。

販売所から購入する取引価格には、ビットフライヤーの取り分が上乗せされているので、実際の値段よりも割高になっているので表をみるのも注意が必要です。

また、売るときも割安な値段で売買する事になるので少し損をします。

取引売買を頻繁に行う場合は取引所と販売所の仕組みを理解する事で、損する金額をなるべく抑える事ができます。

取引所の手数料

ビットコイン売買手数料
直近30日の取引量 ビットコイン簡単取引所 Lightning 現物
10万円未満 0.15%
10万円~20万円未満 0.14%
20万円~50万円未満 0.13%
50万円~100万円未満 0.12%
100万円~200万円未満 0.11%
200万円~500万円未満 0.10%
500万円~1,000万円未満 0.09%
1,000万円~2,000万円未満 0.07%
2,000万円~5,000万円未満 0.05%
5,000万円~1億円未満 0.03%
1億円~5億円未満 0.02%
5億円以上 0.01%

取引所でビットコインを売買する場合でも取引金額によって、細かく手数料は設定されています。

しっかりと計算をして仮想通貨の売買を行いましょう!

セキュリティはしっかりしてるの?

ビットフライヤーでは、2段階認証マルチシグネチャといった、基本のセキュリティ対策はしっかりとしています。

仮想通貨も80%以上をコールドウォレットに保管しており、24時間監視システムにより強固に守られております。

その他にも悪意のある攻撃方法に対しても、各種対策をしています。

ビットフライヤーに関しては安心して仮想通貨を保管してもよさそうです。

ただ、絶対ではないため自分でもハードウェアウォレットなどを準備して仮想通貨を保有する事をオススメします。

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?

メリット

ビットフライヤーは、初心者から上級者までもが仮想通貨を楽しめる取引所です。

お金がない人は「ビットコインをもらう」を利用しポイント感覚で仮想通貨を貯める事ができますし、お金にゆとりがある人は「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を使いレバレッジをかける事で大幅に仮想通貨を増やす事が可能です。

セキュリティもしっかりしているので、とりあえず開設だけでもしていて良いでしょう。

デメリット

有名なビットコインやイーサリアムなどのコインは扱っていますが、やはり仮想通貨の種類が少ないことです。

草コインを狙って億り人を目指している人にはオススメできません。

もしアルトコインが欲しい方であればバイナンスなどの仮想通貨取引所を開設する事をオススメします。

まとめ

ビットフライヤーは他の仮想通貨取引所に比べるとサービスが豊富です。

初心者から上級者まで楽しめる仮想通貨取引所なので、とりあえずは開設をしてていいかもしれません。

何よりサービス展開のアップデートも頻繁に行われていますし、海外へのアプローチも積極的です。

個人的には「ビットコインをもらう」をよく活用させてもらっています。

仮想通貨はじめたいけど今一歩踏み出せない人は「ビットコインをもらう」のサービスを使って日用品を買う事から始めるとすんなりと仮想通貨を楽しめるかもしれませんね。

bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイトはこちら!

★ハードウェアウォレットまだもっていない方はこちらからどうぞ!★
Ledger Nano S(レジャーナノエス)は正規販売代理店で!
LedgerNanoS(レジャーナノエス)は正規販売代理店のhardwearwallet.jpで購入ください。