≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【Coincheck】金融庁がコインチェックに業務改善命令、2月13日までに書面で報告!

2018年1月29日、金融庁はコインチェックに対し関東財務局が行政処分を行ったと発表。

2月13日までに原因の究明、再発防止策などを求める業務改善命令を出した。

コインチェック、不正流出問題

ここ最近は、コインチェックの話題でいっぱいです。

1月26日に不正アクセスを受けて約580億円相当の仮想通貨NEMが流出した事件が発生。

事件後1月28日には対象顧客約26万人に日本円で返金する方針を発表しています。

【Coincheck(コインチェック)】NEM(XEM)の補償方針について発表!全員に日本円で返金!

そして今回、金融庁から原因の究明、再発防止策を2月13日までに報告をするように業務改善命令を出されているようす。

業務改善命令内容

金融庁がコインチェックに出した業務改善命令は同社のホームページで以下の内容で公開されています。

このため、本日、同社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
(1) 本事案の事実関係及び原因の究明
(2) 顧客への適切な対応
(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

関東財務局

この内容に対し、コインチェックは公式サイトでも業務改善命令を受けた事を記載し早期に原因究明を行い対応すると綴っています。

また、入金はできるがその他の取引ができない状況である為、被害を受けている人は不満が溜まっているようです

一度大きな問題があれば

改善されてもセキュリティ面が弱く不正流出があれば信用を取り戻すのには時間がかかりそう。

こういう事件の後にウォレットに保管しようとする人が増えると思いますが、それに伴ってウォレット関係の詐欺とかも増えてきそうですね。

みなさん、くれぐれも詐欺には注意して仮想通貨を楽しみましょう!