≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

日本で取引できる仮想通貨の種類をまとめています。購入したい仮想通貨が、どの取引所で購入できるかも分かりやすく作成しました。どの仮想通貨を購入すればいいのかわからない方はどうぞ!

仮想通貨一覧

仮想通貨の種類でも草コインや中華コインなどと呼び方が増えていますが、ここではビットコイン、アルトコインの2つのカテゴリーに分けてまとめています。

取引所も随時、取り扱いできる仮想通貨の種類も増えているので日本で取り扱えるコインが増えれば更新していきます。

トークンは、別の記事でまとめて紹介します。
※2018年1月時点での情報

ビットコイン(BTC)

2009年に初めて分散化された仮想通貨として登場。仮想通貨の中で最も有名かつ、時価総額も最も価値のあるコインです。

ニュースや、インターネット上でも話題になり仕組みは分からずとも名前だけでも聞いたことある人はいるのではないのでしょうか。

時価総額も高く、価格変動も非常に激しいコインです。

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

アルトコイン(altcoin)

ビットコイン以外の仮想通貨を総称としてアルトコイン(altcoin)とよばれています。

日本語にすると「その他の通貨」という意味です。

アルトコインの有名な仮想通貨と言えば、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)です。

現在、アルトコインは1000種類もあると言われています。ここでは、日本で取扱できる仮想通貨をまとめて記載しています。

仮想通貨によっては特徴なども変わってきますので、将来性を見据えて購入していきましょう!

イーサリアム(ETH)

アルトコインといえばまず出てくるのがイーサリアムです。

特徴として「仲介者を介さず契約が実行される」というスマートコントラクトが注目されています。

コントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコルのこと。

つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることが可能です。

取引を自動化する事によって決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも期待され、各国で取り組みが行われています。

また、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックとはイーサリアムから分裂(ハードフォーク)して登場した仮想通貨。

Dao事件の対応策をキッカケに内部分裂が原因で誕生した仮想通貨です。

イーサリアムとは、もともと一つ仮想通貨であるため、スマートコントラクトなどの基本的な機能に大きな差異はありませんが、非中央集権的な仮想通貨の実現を目指しているコインです。

分裂時にイーサリアムを保有している人には同等のイーサリアムクラシックが付与され、ハードフォーク後には取引環境が素早く整うこととなり、大手取引所がイーサリアムクラシックに対応されています。

イーサリアムクラシック(ETC)購入可能取引一覧
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)※2018年3月31日(土)迄キャンペーン中!
bitFlyer(ビットフライヤー)
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインがハードフォークされ、登場した新しい通貨。

取引量が増えてきたことによって、取引スピードの低下やスケーラビリティが問題となっており、今回のコインはそうした問題を解決するために一部のビットコインマイナーにより生み出された。

特徴として、ビットコインが抱える送金遅延・高騰する手数料の問題などを解決できる通貨として注目されています。

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ライトコイン(LTC)

ライトコインは2011年10月にリリースされ、特徴としてビットコインよりも承認時間が速いと言われています。

また、ビットコインよりマイニング電力を抑える事が可能となっており、セキュリティ面も強化されれば将来性として実用性が高いコインとして注目されています。

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

リップル(XRP)

リップル社という会社が発行している仮想通貨です。

正確には、分散型技術を使った仮想通貨などの金融商品の決済・送金システムのことをいい、その為、お金をやりとりするビットコインとは異なります。

Googleの投資専門子会社がリップルに出資したことや、邦銀43行と海外の大手金融機関が採用を表明したことにより、話題になっています。

特徴として、決済スピードが速いことやブリッジ機能もあり、リップルが中間通貨の役割を果たし、通貨や仮想通貨の種類関係なく送受信が可能。

また、ウォレット内でも円をユーロなどに両替することも可能です。

リップル(XRP)購入可能取引一覧
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)※2018年3月31日(土)迄キャンペーン中!
coincheck(コインチェック)
bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
BitTrade(ビットトレード)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ネム(NEM/XEM)

ネムは2015年3月に公開。ネムの大きな特徴として、コンセンサスアルゴリズムに「プルーフ・オブ・インポータンス」を採用していることです。

これは、ユーザーの重要度(コインの保有数と取引の頻度)でコインが分配される仕組みになっています。

また、「mijin」や「カタパルトプロジェクト」にも期待され、将来性のあるコインとして見られています。

ネムコインで決済できる、サービスも少しずつ出てきており、東京の渋谷では「nem bar」オープンされております。

ネム(NEM/XEM)購入可能取引一覧
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)※2018年3月31日(土)迄キャンペーン中!
Zaif(ザイフ)
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

モナコイン(MONA)

日本発の仮想通貨として知られているモナコイン。

アスキーアートの「モナー」をモチーフ名付けられています。

ライトコインをベースに開発され、ビットコインに比べて送金がかなり早く、手数料も安いのが特徴です。

Twitter上では「チップモナ」という投げ銭サービスが人気であったり、秋葉原のメイド喫茶でも使えるようになって話題なっています。

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ダッシュ(DASH)

ダークコイン(Darkcoin)として2014年に公開され、2015年にダッシュ(DASH)と改名されています。

マスターノードを利用しており、取引スピードの早さ、匿名性が高いことで知られています。

ダッシュは送信者と受信者の履歴を外部から確認することが困難な仕組みになっております。

ダッシュ(DASH)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

リスク(LSK)

Lisk(リスク)とは、分散型アプリケーションプラットフォームでプラットフォーム名を「Lisk」、プラットフォーム内の通貨名を「LISK」といいます。

分散型アプリケーションプラットフォームとは、どの場所からでも業務処理が可能で、仮想通貨でいうとイーサリアムと似た仕組みです。

言語にJavaScriptを使用しており、webエンジニアにとっては開発に参入しやすいのが大きな特徴です。

また、サイドチェーンを使用しており、性能・処理能力、承認スピードの向上、重大なバグが見つかったとしても、バグが生じる前の正常な状態に戻すことができるという柔軟性もメリットの一つです。

より多くの人が利用できるよう、承認システムのカスタマイズや人気の言語を使用するなどの工夫がされています。

リスク(LSK)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

モネロ(XMR)

モネロは、2014年に公開されているコインです。

ダッシュやジーキャッシュと同様、匿名性が高いコインであり、送信者と受信者の履歴を外部から確認することが困難な仕組みになっております。

また、ステルスアドレスという技術が入っており、「閲覧用」「送金用」と2つの秘密鍵から生成され、送信者を特定しにくくなっています。

モネロ(XMR)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

オーガー(REP)

仮想通貨オーガーの名前の由来は、占い師を意味する英語の名詞からきています。

未来予測市場のための分散型プロトコルとして、誕生しておりユーザーが未来を予測し、それが当たれば報酬としてREPが貰えるという仕組みになっています。

予測が当たればお金を得られるギャンブルのようなシステムになっており、他の仮想通貨とは特徴が少し違う為、注目されています。

オーガー(REP)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ファクトム(FCT)

ファクトムは2015年に発行開始された仮想通貨です。

仮想通貨のファクトム(Factom)とは電子データをブロックチェーン上に記録することが出来る、分散型のデータ管理プラットフォームです。

また、ファクトムハーモニーと呼ばれるプロジェクトで住宅ローン市場に重きを置いており注目されています。

ファクトム(FCT)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

ジーキャッシュ(ZEC)

ジーキャッシュはゼロ知識証明を使った初めての本格的な仮想通貨として期待されおり、完全非公開で取引ができるのが特徴として知られています。

また、プライベートキーを持つ人だけが、その取引情報を知ることができる仕組みになっています。

大手銀行JPモルガンとの提携が大きな話題となった仮想通貨です。

ジーキャッシュ(ZEC)購入可能取引一覧
coincheck(コインチェック)

>>2018年取引所まとめ一覧はこちら!↓

※日本取引所で購入できるコインが増え次第追加します。