≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

仮想通貨のリスクやデメリットとは?【仮想通貨初心者向け】

仮想通貨とは、どんなリスクやデメリットがあるのでしょうか。

仮想通貨を取り引きするにあたってリスクやデメリットについてまとめてみました。

仮想通貨は将来性を感じるコインではありますが、リスクもたくさん存在します。

これから始めようと思っている方はリスク面を把握する事で事前に対策できることもあるので知っておくことが重要です。

リスク・デメリット

2017年は、仮想通貨バブルといわれ、稼いだ方もいれば被害にあった人、取引所の流出事件など話題がたくさんありました。

仮想通貨を取引するには最低でも以下の項目はリスクとして考えておいた方がいいかもしれません。

実際に起きた事件でもありますし、被害にあった人も多い内容です。

  • 大暴落のリスク
  • 取引所のトラブルのリスク
  • 不正流出のリスク
  • 詐欺コイン、詐欺ICOのリスク
  • フィッシング詐欺のリスク

大暴落のリスク

仮想通貨は良いニュースや悪いニュースで価格が大幅に変動することがあります。

株式投資とは違いサーキットブレーカー制度がありません。そのため価格が下がり続けて大暴落になる恐れがあります。

サーキットブレーカー制度
相場が異常に加熱し、その価格が短期間で極端に変動した際に、投資家達の頭を冷やす目的で売買を停止する制度。

価格が大暴落しているとお金が減っていく気持ちになりそのままの勢いで売却して損する事もあるので注意しましょう。

取引所のトラブルのリスク

仮想通貨の取引所にはトラブルがおきた時に取り引きができなくなる時があります。

価格が大きく変動している時は、早く取り引きがしたいが為にアクセスが殺到しサーバーが落ちるという事もありました。

今このタイミングで売りたいと思っても取引所の何らかのトラブルで取り引きが出来ない可能性があります。

不正流出のリスク

仮想通貨は外部からの不正アクセスによって流出する恐れがあります。

これは、仮想通貨取引所だけでなくインターネットに繋がっていれば不正アクセスによって仮想通貨を盗まれます。

仮想通貨が盗まれた場合は取り戻す事は、ほぼ出来ないと思ってた方がいいです。

大事に保管したい仮想通貨はハードウェアウォレットなどで管理する事で防ぐことができます。

詐欺コイン、詐欺ICOのリスク

ICOではホワイトペーパーに投資家が喜びそうな内容をかくと、何十億と資金が集まります。

ICO
資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自のトークン(デジタル権利証)を発行・販売し、資金調達する手段・プロセスのことを指す

トークンは発行元になんの法的義務もありませんので、仮想通貨バブルにのって詐欺のICOや詐欺コインといわれるものもたくさん登場してきました。

いわゆるプロジェクトは進まず資金調達して終わるので、お金は戻ってこないままになります。

ICOではホワイトペーパーで綺麗ごとを並べているものが多いので注意しましょう。

日本円とコインが交換できるのは、金融庁に許可された登録事業者のみになるので安心して仮想通貨に取り組みたいかたはビットコインやイーサリアムなどのコインを買うのがいいのかもしれません。

フィッシング詐欺のリスク

フィッシング詐欺には注意が必要です。

フィッシング詐欺
インターネットのユーザから経済的価値がある情報を奪うために行われる詐欺行為。

いつも使っている取引所と同じデザインなのに別サイトだったというタチがわるい詐欺です。

別サイトでログイン情報(ID・パスワード)を入力することで情報を抜き取られてしまいます。

同じIDやパスワードを使い回しで取引している人も多いため、保管している全ての仮想通貨が抜き取られる可能性があります。

パスワードは使い回すのではなく、分けて登録する方が安全です。

パスワードは「パスワード・乱数 自動生成」で作ると複雑なパスワードを簡単に作ることができます。

まとめ

  • 大暴落のリスク
  • 取引所のトラブルのリスク
  • 不正流出のリスク
  • 詐欺コイン、詐欺ICOのリスク
  • フィッシング詐欺のリスク

仮想通貨は本当に注意していないと簡単にひかかってしまうものが多いです。

取引所が不正流出した事件もニュースには大きく取り上げられていました。

仮想通貨はまだまだ発展途上だからこそ問題も多く存在するので注意しましょう。