≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)とは?特徴・今後について分かりやすくまとめました!

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)って、どんな特徴のあるコインなんだろう・・・。
ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)について特徴や今後について分かりやすくまとめました!

ワールドワイドヌクモリティの実現を目指している仮想通貨はどういうコインなのでしょうか。

興味のある方はどうぞ!

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)概要

通貨名 VIPSTARCOIN(ビップスターコイン)
通貨略号 VIPS
公開日 2018年2月
発行上限数 70,000,000,000 VIPS
取扱取引所 CoinExchange,CryptoBridge
公式サイト VIPS公式サイト

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は2018年2月17日、5ちゃんねるニュー速VIP板発祥の国産仮想通貨になります。

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は、スマートコントラクトPoWとPoSのハイブリッド搭載独自トークンの作成といった最先端技術をいくつも取り入れた仮想通貨です。

2020年には、店舗やネット通販での支払いやゲームや画像の共有サイトでも利用ができるようになるコインになり、東日本大震災のように大きな災害が起こった際にスマートフォンから簡単に寄付できるシステム作りを目指しています。

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)の特徴とは?

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)の特徴について下記の表にまとめました。

特徴のまとめ
  • 5ちゃんねる発でコミュニティが強い
  • PoWとPoSのハイブリッド搭載
  • 独自トークンの作成が可能
  • ワールドワイドヌクモリティという目的

5ちゃんねる発でコミュニティが強い

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は5chのニュー速VIPで誕生していることから、コミュニティが非常に強い仮想通貨です。

具体的に2月では、1週間に渡ってコインアイコンコンテスト投票数300以上集める大型イベントが行われたり、3月には、公式キャラクターコンテストも行われ26作品のエントリーと1710票の投票が集まるほどの盛り上がりをみせました。

さらに、国内クラウドファンディングサービスであるCAMPFIREで行われた限定キャラクターグッズ・リアルコインの先行販売では、目標金額が15万円に対して最終的には目標の2000%超えの300万円以上の支援を集めました。

このようにファンが仮想通貨のアイコンや公式キャラクターのデザインに関われる事で結束力も高まるので、盛り上げようと頑張って拡散していくのでコミニュティのパワーの強さが圧倒的です。

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)のディスコードに参加するとチャットの盛り上がりも凄いですし、みんなで盛り上げようとしている想いが伝わってきますので是非とも覗いてみてください。

PoWとPoSのハイブリッド搭載

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は、PoW(プルーフオブワーク)PoS(プルーフオブステーク)2種類マイニングができるようになっています。

専門知識と高いスペックのPCが必要なPoW(プルーフオブワーク)と専門知識がなくても通貨を持っているだけで増えるPoS(プルーフオブステーク)が両方搭載されていることによってホルダーたちが平等に仮想通貨に触れれるような仕組みになっています。

独自のトークンの作成が可能

VIPSのプラットフォームを使う事で個人または企業が様々な独自のトークンの作成が可能になっています。

独自のトークンでブロックチェーンを使用した新サービスなどの幅広い場面で活用ができるようになります。

トークンの作成方法も記述しているので、興味のある方はどうぞ。

トークンの作成方法

ワールドワイドヌクモリティという目的がある

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)はワールドワイドヌクモリティという精神を世界に広げるべく、寄付や災害支援を行っていくことを主な目的として環境を作っています。

ヌクモリティとは?

相手のことを思いやりぬくもりのある言葉をかけあう文化

ワールドワイドヌクモリティは大きな災害が起こった際にスマートフォンから簡単に寄付できるシステム作りを目指しています。

現在、寄付をする上でも大きく3つに分けて問題があります。

3つの問題
  • 寄付が届くまでに時間がかかる
  • 寄付をしたとしても違う使われ方をする可能性がある
  • 寄付をする側も集める団体も労力やお金がかかる

東日本大震災が起きた時も寄付が届くまでに約1ヵ月以上も期間がかかったとの事です。

また、寄付をしたとしても送付先は限りがあるため、寄付をしたい場所に送られていない可能性が多いにあります。

ワールドワイドヌクモリティは寄付に対する問題を解決するべく動いているプロジェクトになっています。

2020年ごろにはワールドワイドヌクモリティのローンチを計画しているようです。

寄付に対する問題も含め、疑問を抱いている人も多いはずなのでワールドワイドヌクモリティのシステムが広がればもっと寄付がしやすい環境になりそうですね。

今後について

【2018 2月】
VIPS発行
VIPを中心にAirDrop

【2018 春】
独自通貨完成&イーサリアムトークンからのスワップ
海外取引所上場
資金調達
VIPSの周知
法人化
VIPS支払い対応予定店舗の拡充
店舗用VIPS決済システムの共同開発開始
VIPSGirls第一弾ゲーム共同開発開始

【2018 夏】
VIPSを使用したフリーマーケットサービス共同開発開始
法人・個人事業主向けVIPSトークン作成業務の開始

【2018 秋】
ジム(5ちゃんねる管理人)と商談し正式な5chコインを目指す
正式な5chコインと認められ次第VIPSで投げ銭の出来る専用ブラウザ開発開始
VIPSを利用した画像投稿型SNSの開発開始

【2018 冬】
VIPSを使用したソーシャルゲームの開発開始
ワールドワイドヌクモリティ計画のためのアプリ開発開始
VIPSGirls第一弾ゲームリリース

【2019】
店舗用VIPS決済システムを提携店舗へ提供開始
提携店舗のVIPS支払い国内同時解禁
VIPSを利用したフリーマーケットサービスローンチ
VIPSを利用したソーシャルゲームサービスローンチ
VIPSを利用した画像投稿型SNSサービスローンチ
ワールドワイドヌクモリティアプリβ版開発完了
VIPSで全世界の被災に寄付

【2020〜】
ワールドワイドヌクモリティローンチ

VIPSを使用したソーシャルゲームフリーマーケット画像投稿型SNSのサービスローンチが計画されています。

ワールドワイドヌクモリティだけではなく、ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)を使ってあらゆる方向で仮想通貨の利用が楽しめそうな感じがします。

エヌ次元株式会社との業務提携

5月4日には、エヌ次元株式会社との業務提携しました。

エヌ次元株式会社とはメルカリなどのスマホアプリ制作の実績もある企業です。

今後のサービス展開に大きな期待が持てます!

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)はどこで買えばいいの?

日本でビップスターコイン(VIPSTARCOIN)を取り扱っている取引所はありません。

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は海外取引所でしか買えません。

イギリスに取引所があるCoinExchange(コインエクスチェンジ)や、DEXと呼ばれる分散型の取引所CryptoBridge(クリプトブリッジ)で購入する事ができます。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の特徴についてはこちら

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の取り扱っているコインは500種類以上もあり世界トップクラスの仮想通貨取引所。

話題のNANJCOINやXPも購入する事ができます!

コインエクスチェンジの特徴とは?メリット・デメリット・登録方法などのまとめ!

まとめ

ビップスターコイン(VIPSTARCOIN)は2月に公開して4月には海外取引所CoinExchange(コインエクスチェンジ)に上場するという驚異のスピードをみせたコインです。

ワールドワイドヌクモリティのシステムにも期待はしていますが、何よりも5ch発祥という事もあり個人的にはVIPSを使用したソーシャルゲームの開発に興味があります。

また、個人的な印象ではありますが表向きはワールドワイドヌクモリティのシステムを目立たせていますが、ソーシャルゲームフリーマーケット画像投稿型SNS独自トークンの作成などの動きをみるとTRON(トロン)にも少し似ている感じがしました。

まだ、公開されたばかりの仮想通貨なので今後の動きに期待です。