≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【DAICO】イーサリアム開発者が新しい概念DAICOを提唱!ICO詐欺の改善になるのか。

イーサリアム開発者ヴィタリック・ブテリン氏が2018年1月6日(土)にDAICOという新しい概念を提唱しました。

DAICOが実現されれば安全なICOの問題が改善されるかも。

DAICOとは?

DAICOとはDAO(分散自立組織)とICO(新規仮想通貨公開)の言葉を組み合わせた造語になります。

これは、ICO(資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行し、資金を調達する手段)の問題点を克服するための改善案としてDAOという考え方を取り入れた新しいICOの仕組みになります。

ICOの問題点とは?

2017年はICO元年とも呼ばれており、ICOによる資金調達が頻繁に行われ数々のICOのニュースや新しいトークンを見たのではないでしょうか。

また、2017年のICOによる調達資金の総額は、60億ドル超といわれています。

開発チームにとっては資金も調達でき良い事なのですが、投資家、私達の目線では以下のような問題が起きています。

・資金調達後にサービスを開発せず、資金を持ち逃げするという悪質なICOプロジェクト

・多額な資金を調達する事により、その資金を有効に活用できていない

以上の問題点から、見た事あるニュースも見覚えのある人もいるのではないでしょうか。

所謂、草コインと言われている仮想通貨が思い当たりますね。

草コインの中には良いサービスもありますが、資金調達だけを目的としたサービスもあるということですね。

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

ICOの問題点を改善するのがDAICO

DAOの性質とICOの性質は以下の通り。

DAO性質
・群衆の知恵を活用

・複数ある中、一つだけの組織を完全に信頼しない

・分散される

ICO性質
・一つのプロジェクトを支援する

・51%の攻撃リスクなし

以上の性質を組み合わせて、ICOのの問題を改善していきます。

また、今回「DAICO」では新たにTAPという概念が登場し、「蛇口」という意味を持ちます。
TAPを活用する事により投資者に権限を持たせる事ができます。

DAICO性質
・ICO実施者は集めた資金を1ヶ月ごとにTAPから決められた金額を引き出すことしかできない

・ICO投資者はプロジェクトの開発進捗状況などを見てTAPの上限設定、TAPをクローズし投資資金を回収することができる

以上の仕組みができる事でプロジェクトを進めるかどうかを投資家が決める事ができるようになります。

まだ、構想段階の概念

イーサリアム開発者ヴィタリック・ブテリン氏がDAICOを提唱したというだけで、何も進んではいません。

ICOで持ち逃げされた人達の事を考えると早く実現してほしい仕組みですね。

また、DAICOが実現されるとイーサリアムの流動性も高くなりそうですね。

引用元:Ethereum Research