≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

Dapps(分散型アプリケーション)ってなに?簡単解説!

Dapps(分散型アプリケーション)ってなんなのか?

仮想通貨を始めた方であれば聞いた事ある単語だと思います。何かのアプリ?って事ぐらいはわかっているかと思います。

そんなDappsについて簡単に解説いたします。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?

Dappsは(Decentralized Applications)の略称です。

日本語は分散型(非中央集権)アプリケーションと呼ばれています。

Dapps(分散型アプリケーション)は、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーション構築をするものです。

将来的には中心管理者が存在しないため、アプリケーションに発展するとして大きな期待を集めています。

Dappsの定義

Dappsは次の基準を満たすものをいうそうです。
(Dappsに投資するDavid JohnstonのVCファンドによる定義)

アプリケーションがオープンソースであること

 

完全にオープンソースであり、自律分散型のアプリケーションであること。改善提案やマーケットのフィードバックからアプリケーションのプロトコルを改善していくこと。ただし全ての変更は、ユーザーの合意のもとで行うこと。

 

アプリケーションデータ、操作記録を保存すること

 

アプリケーションのデータと操作記録は、中央集権の問題点を避けるために、公開された分散型ブロックチェーンに暗号化して保存すること。

 

トークンを使用していること

 

アプリケーションを使用する際に必要となる暗号トークンを持っていること。貢献した参加者にはそのトークンによって報酬が支払われること。

 

暗号アリゴリズムに従ってトークンを発行すること

 

参加者が貢献した価値に対して動く標準化された暗号アリゴリズムによってトークンを発行すること。

 

引用元:The General Theory of Decentralized Applications, Dapps

以上の①〜④を満たすアプリケーションを Dappsと呼ばれています。

ビットコインも上記の定義を満たし、仮想通貨を取引するアプリケーションとしてDappsに含まれています。

スポンサーリンク

Dappsの最大なる特徴

中央管理者が存在しない点です。

Dappsはブロックチェーンを利用することで、中央管理が存在せず、オペレーションは自動となっています。

そして、改善に関してもユーザーからの合意を必要とします。

つまり、従来の中間搾取者が存在しません。

今後多くのサービスがDapps化していけば、新たな経済が生まれていくでしょう。

Dappsをブロックチェーン上に構築するための仮想通貨

有名なビットコイン(BTC)もDappsでありますが、イーサリアムスマートコントラクト上で構築される事が多いため、イーサリアムの問題点等が話題となります。

以下の仮想通貨もDappsをブロックチェーン上に構築するためのプロジェクトです。

  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ウェーブス(Waves)
  • リスク(Lisk)
  • ストラティス(Stratis)

Dappsによって非中央・分散的なものへ

従来のサービス提供(中央管理者あり)ではなく、多くのサービスが世界中に広がり、ブロックチェーンにより、非中央集権的で分散的(Dapps)に置き換わるでしょう。

要するに、Dappsによって社会基盤が非中央集権的で分散的なものになっていくということです。

従来の中央集権型アプリケーション

従来の中央集権型のアプリケーションはDappsと違って、Centralized Applicationsと呼ばれています。

例を出すなら、皆さんも知っていると思われる“Airbnb”はご存知でしょうか?

誰もが部屋を貸し出したり、宿泊場所を探している人は部屋を借りれるサービスですが、誰もが登録できP2P型のサービスです。

仲介者がサービスのプラトフォームを管理しているという点で中央集権型アプリケーションとなります。

Dappsを基盤としたサービス

以下の6つの分野で主に将来活用が期待されています。

  • ゲーム
  • 取引所
  • 予測市場
  • ID認証
  • データストレージ管理
  • 著作権

ゲーム

Dappsは「ゲーム」との相性が良いと言われています。
すでにいくつかのゲームはリリースされ、個人的に人気が出そうなゲームは、「Etheremon」です。

・Etheremon

  • モンスターを育てる
  • モンスターをレンタル・売却できる
  • EMONTが貯まる(EtherDeltaにて上場)

Etheremon公式サイト

分散型の取引所(DEX系)

従来の中央集権型取引所の場合は、秘密鍵を取引所に預けるので取引所がハッキング被害などにあったら、秘密鍵に紐づく全ての仮想通貨は奪われてしまいます。

例に出すと、2018年1月26日にはcoincheckのNEM/XEMがハッキングによって580億円分奪われる事件がありましたね。

一方、分散型取引所では、秘密鍵を取引所に預けることなく自分で管理することができます。

よって、サードパーティリスクは回避することができます。

  • EtherDelta
  • 0x
  • Kyber
  • AirSwap
  • Waves

以上が分散型取引所(DEX)になりますので要チェックです。

予測市場

予測市場とは、簡単にいうとギャンブル市場のことになります。ある未来の出来事を予測し、お金を賭けることです

Dappsでギャンブルを実現できれば、仲介・管理を行う主体が存在しなくても安全に実現できることができるようになり、透明性の高いギャンブルが可能ですね。

  • Augur
  • Gnosis

ID認証

ブロックチェーンに記録したデジタルIDがいろいろなサービスの基盤となる将来がくると言われています。

ブロックチェーンに記録したデータは改ざんすることができないことと、誰でも閲覧することができます。

個人情報を第三者に渡すことなく様々なサービスを利用することができるようなDappsの開発が進んでいるようです。

  • uPort
  • Civic
  • Selfkey
  • Thekey

データストレージ管理

今現在では、Googleドライブ、Dropbox、iCloudなどのクラウド上にデータを保存することが多いです。

クラウドストレージはそれぞれ会社管理していますが、Dappsを使った分散型ストレージはP2Pネットワーク上で分散的に管理すことができます。

将来的に分散型ストレージはストレージのシェアリングサービスのように機能し始め世界中のストレージの50%を占めると言われている未使用ストレージを有効活用していくことが出来るとも期待されています。

  • Storj
  • Filecoin
  • Siacoin
  • Bluzelle

著作権

記録されたデータの改ざんが不可能で、誰でも書き込みと読み込みができるブロックチェーンの特徴に、Dappsに組み込むことで著作権保護のために機能すると言われています。

  • Steem

Dappsの課題

サービス的にはものすごく良いことばかりですが、現時点では課題も多く、それを改善するためのプロジェクトも多く存在しています。

  • スマートコントラクトの実行速度
  • 高い手数料
  • オラクルの存在
  • 安全性
  • プライバシー
  • ユザビリティ

以上などが課題となっています。

Dappsの将来

今までDappsの事について話した事は、ほんの一部でしかありません。

DAppsのVCファンド最高経営責任者(CEO)であるDavid Johnston氏がこんな事を言っています。

これらのDappsは、優秀なインセンティブ構造、柔軟性、透明性、弾力性、および分散された性質で、ユーティリティ、ユーザーベース、およびネットワークの評価において、世界の大手ソフトウェア企業を凌駕するだろう」

非中央集権化されたサービスが充実するでしょう。

Dappsまとめ

以上でDappsについて書いてきましたが、理解いただけましたでしょうか?

改めて、Dappsはプロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションで、従来の中央集権的な体制から非中央集権的な体制へと社会が変わってくるでしょう。

特に上述されている6つの分野で主に将来的に期待を高めていますので要チェックです。

しかし、まだDappsには、課題があるということは頭に入れておいてください。

今後、仮想通貨が流行して行く中で、Dappsという言葉は必ず多く聞かれてくると思います。