≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

donacoin(donaコイン)とは?特徴・今後について分かりやすくまとめました!

仮想通貨で寄付ができるdonaコインの特徴や仕組みについて調べてみました。

寄付先に対する不信感だったり、寄付が実際に役立っているか分からないという問題点も多い。

株式会社ナノコネクトが開発するdonaプラットフォームやdonaコインを使い寄付に対して抱えている問題が解決できそうな仕組み

ブロックチェーンの活用によって安心できる寄付ができれば良いですね。

興味のある方はどうぞ!

donaコイン概要

通貨名 donaコイン
通貨略号 DNC
公開日 2018年公開予定
発行上限数 3,700,000,000DNC
取扱取引所 未上場
公式サイト donaコイン公式サイト
ホワイトペーパー donaコインホワイトペーパー

donaコインとは?

NEMのモザイク機能を用いて発行したトークン(donaコイン)である。

donaコインはサービス稼働後に、支援者から被支援者への寄付金の送金に用いられるトークンです。

各支援企画に紐づいたブロックチェーンのウォレットに一時的にプールされ、支援企画の登録時に設定した出金(返金)条件を満たした場合に自動的に送金が行われる仕組みになっている。

また、donaコインは目標金額が貯まった場合や1ヶ月ごとに送金などの設定が可能であり、ICOのソフトキャップのように目標資金が貯まらなかった場合に自動的に返金なども設定できる

NEMのモザイク機能

モザイク機能とは、NEMのブロックチェーン上で独自のトークンを発行する機能のこと。

簡単に言うと独自の仮想通貨を簡単に作ることができる機能です。

被支援者の出金条件

各支援企画に紐づいたウォレットはマルチシグが設定されており、被支援者への送金は、複数人の署名がなければ送金ができない

出金条件を満たした場合の送金指示に対して、被支援者が署名する事で送金が行われるようになっている。

今後はdonaコインで購買先と自動連携した支援物資の購入と配送も検討している様子。

まずは仮想通貨取引所を介して法定通貨に交換しての購入となるが、将来的にはdonaコインでの決済による物品の購入ができる提携先を増やしていく予定との事。

★マルチシグについてはこちらをどうぞ!★

【bitbank】ビットバンクが管理している仮想通貨のセキュリティ(コールドウォレット・マルチシグ)について解説も含めてまとめました!

donaパートナーズを結成

株式会社ナノコネクトは、ブロックチェーン技術の助けを借りて、寄付市場の透明化と、寄付の成功体験を共有するコミュニティを構築するための寄付プラットフォーム「dona」を立ち上げる為にdonaパートナーズを結成

寄付プラットフォーム「donaプラットフォーム」の構築に向けた技術の基礎研究を終え、本システムの開発に着手し、2018年中にリリースを予定。

また、年内には取引所上場予定をしている。

株式会社ナノコネクトが開発するdonaプラットフォームやdonaコインを使い寄付に対して抱えている問題解決し、新たな寄付のモデルとして日本から世界へと広めていく予定である。

スポンサーリンク

寄付に関する問題点

寄付の妨げとなる要因が以下の4点が挙げられる。

実際に寄付した所で本当に活用されているのか、本当に被災地に届いているのか不安な気持ちは大きい。

かといって寄付したお金がどこに届いて何に使われているのか報告もないという状況である。

  • 寄付の不透明性
  • NPO法人への関心の低さ
  • 手数料の高さ
  • 「必要」とずれた寄付

寄付の不透明性

社会の役に立ちたくて寄付をする人が多いが寄付金の用途が不明のため、寄付先に対する信頼性や、結果の不透明性が寄付の妨げとなっている。

不透明性に対して疑問を抱いている人は結構多いのではないでしょうか。

被災地に寄付したくても直接いくかも不明ですし、他の事に使われてはたまんないですよね。。

NPO法人への関心の低さ

NPO法人の数は増えているが、関心や制度への理解は乏しく、大きなNPO法人に寄付が集中している。

NPO法人などの運営費の妥当性や用途に対する不明点が原因。

寄付者のNPO法人に関する関心は役3割程度

手数料の高さ

銀行振込・海外送金など、送金の際の手数料が高い。

海外送金になると数千円~1万円以上となる事も多い

せっかく集めた寄付金が手数料で1万円近くになれば嫌ですよね。

「必要」とずれた寄付

配布の遅れ、過剰・不要な寄付など、寄付が「必要な人」に、「必要なタイミング」で、「必要な量」だけ届いていない。

寄付金として問題点が一番大きいのはここではないでしょうか。

寄付する側、受け取る側が上手く繋がっていない所。

何の為に支援しているのか訳が分からなくなってしまう。

スポンサーリンク

donaプラットフォームとは?

ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)を活用した日本発の寄付プラットフォーム

ブロックチェーン技術を活用する事で、高い透明性や信頼性をインターネット上で確保できる事から多くの分野で活躍できることが期待され、支援者と被支援者を直接繋ぎ、寄付の成功体験を共有するコミュニティを構築する事を目的とされている。

donaプラットフォームでは大きく3つの特徴がある。

  • ユーストレース
  • レスポンスビュー
  • ドネーションサイクル

ユーストレース

ブロックチェーン技術を用いることで、寄付における集金や配送の中間団体を無くし、寄付の用途を明確にした支援活動に対して直接的な寄付が行えるようになる

寄付金の流れは公開されるようになり、改ざんをできなくする。

また、送金手数料も全世界一律同料金に設定され、他の送金方法に対しては手数料が削減される。

レスポンスビュー

寄付だけで終わらずに、支援活動による成果が助けられた人から届くようになる

このシステムは支援した側としては凄く嬉しい仕組みだと思う。

寄付先の活動実績や寄付の成果を伝えられるようになり、寄付活動の成果を実感できるようになる

寄付先の活動や成果に質問やレビューを行い、信頼性を高めることができる

また、寄付実績はSNS連携で共有・拡散することで新たな寄付文化が作られます。

寄付する側と受け取る側が直接繋がることで新たな出会いも生まれ寄付する意味もできとても素敵なシステム

ドネーションサイクル

ゲームに使われているモチベーション向上の仕組みを、論理的に適用する事。

行動や成果を演出等で盛り上げる事で満足感を強化する事で寄付意欲を継続させる。

プラットフォームを使用することに楽しみと喜びを感じることで、人に教えたくなり拡散を促し寄付の流動性を良くする仕組み。

人は成果が見えないと行動できない。

コンビニや中間団体を使って寄付した所で褒めてくれる人もいなければ誰に感謝されているのかも分からない状況だと何の為に寄付しているのか分からないですよね。

とても重要なシステムだと思います。

今後の動き

ロードマップを見ると2018年4月〜9月はICO実施予定であり、現在は金融庁と調整中との事。

また、年内に取引所上場予定も計画されている。

4月以降になると新しい取引所も出てくるのでどこに上場されるのかが楽しみである。

サービス開始時期としては2019年上旬を予定している為、donaプラットフォームが本格的に始動するのは来年になりそう。

活用していきたいdonaコイン

今ではあまり報じられなくなった東日本大震災も仮住まいを続けている人たちがいる。

2018年1月末でプレハブの仮設住宅で暮らしている人が1万3584人。また、民間の賃貸住宅や公営住宅といった「みなし仮設」も合わせると、仮設住宅で暮らす人たちは2万9639人にも及ぶという。

被災地で困っている人もたくさんいる中でテレビが報じられなくなりそれに気づいていない人達も多い。

被災地側の声も全国や世界にもっと広がる仕組みが出来上がればより良い、寄付のプラットフォームができそうである。

こういったポジティブな仮想通貨は大歓迎ですし、応援したいです。

今後の動きに期待です。