≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【エマーコイン(EMC)】とは?仮想通貨エマーコインがOKExに上場!

【エマーコイン(EMC)】とはなにか?仮想通貨エマーコインがOKExに2月上旬に上場する予定。

エマーコイン基本情報

通貨名 Emercoin(エマーコイン)
通貨略号 EMC
公開日 2013年12月11日
システム SHA-256
発行上限枚数 10億枚
国内取引所
海外取引所 coinexchange
Bittrex
Livecoin
Hitbtc
Cryptopia
Yobit
Tux exchange

>>【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧はこちら↓

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

ビットフューリーは2018年1月、世界有数の仮想通貨取引所OKExにて「エマーコイン」が上場することを発表しました。

上場時期は2月上旬をを予定しています。

香港郊外に拠点を置くOKExは、現在取引量30億ドル以上を誇る5番目に大きな取引所です。

今回のOKExの決定直前には、包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーが今後のアプリケーションの範囲を拡大する目的で、エマーコインへの投資およびサポートを開始しています。

エマーコイン(EMC)とは?

エマーコイン(EMC)は仮想通貨の一種で、様々な分散型認証サービスを提供する分散型ロックチェーンプラットホームで、高い信頼性やロバスト性に加え、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)、マージドマイニングという3つのマイニング方式を組み合わせたハイブリッドマイニングを特徴としている。

仮想通貨取引所OKExとは?

OKExはブロックチェーン技術を使用し世界の投資家に先進的な金融サービスを提供する、世界有数の仮想通貨取引所です。

2014年に設立されたOKExは、大企業から数百万ドルもの出資を受けています。

OKExは、取引量ベースで世界トップの仮想通貨取引所の一角をしており、100ヵ国以上に2000万人以上の顧客を擁します。

OKExでのビットコイン先物取引は1日当たり15億ドルに上り、仮想通貨業界の代表的な取引所として広く認知されている。

エマーコインの将来性

エマーコインの技術はすでにさまざまなところで使用されていて、Microsoft Azureプラットホーム内でのサービスでも実用化されています。

伸びていないのが現状なのですが、まだまだ仮想通貨自体の認知度が低いので、今後に期待十分にできます。

エマーコイン購入取引所

海外取引所
  1. Bittrex
  2. HitBTC
  3. Cryptopia
  4. Coinexchange
  5. Livecoin
  6. Yobit
  7. Tux exchange
今は国内取引所では採用されていませんが、今後採用されるのではないでしょうか?

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨取引所まとめ一覧↓

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨取引所まとめ一覧

引用元:PR TIMES