≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

ICO参加したときに聞く、ERC20ってなに?簡単解説!

イーサリアムブロックチェーンを利用したプロジェクトのICO(資金調達)が行われる際に、ERC20というトークンを利用される事があります。ERC20トークンはイーサリアム上で発行されるトークンの規格のようなものです。ERC20についてなるべく簡潔に書いていきます。

この記事に関するおすすめ記事

ICOとは?

ICOは(Inicial Coin Offering)の略で、「仮想通貨(以後:トークン)を利用した資金調達」の事です。

ICOを実施する側は、独自のトークンを発行して投資家から投資を募います。投資した側はそのプロジェクトで発行されたトークンが上場して値上がりすれば利益などの恩恵を受け取ることができます。

ICOとイーサリアムの関係

ICOを実施する際に、多くはイーサリアムブロックチェーンを用いて開発が行われます。

イーサリアムの特徴として、Dapps(分散型アプリケーション)構築に向いている事をご存知ですか?

イーサリアムは、新しいサービスの開発に向いたブロックチェーンでイーサリアムを利用することで比較的容易に真新しいアプリケーションを開発する事ができます。

簡単に言えば、“新たなプロダクト開発において利用しやすい”ということです。

イーサリアムブロックチェーンを利用して新たなサービスを開発する際には、イーサリアムブロックチェーンから新たなコインを発行します。

その発行されたコインはイーサリアムの通貨イーサ(ETH)に対して「トークン」と呼ばれています。

そのイーサリアムのトークンの一つが「ERC20」ということです。

ERC20とは?

ERC20とは、(Ethereum Request for Comments:Token Standard ♯20)の略で、イーサリアムで発行できるトークンの仕様決めているものになります。

ICOを実施するプロジェクトの多くがイーサリアムブロックチェーンを利用しています。そのプロジェクトの多くが、“ERC20トークン”と呼ばれる規格に沿ってトークン発行をしています。

トークン発行したら、専用のウォレット、つまり専用の保管する場所というものが必要になってきます。

しかし、トークンと言っても様々なものがあり、それぞれプログラムも異なってきます。ですから、本来であればそれぞれのトークンに対して異なる仕様のウォレットが必要になってきます。

ここでERC20のお出ましです。

ERC20という規格のトークンを利用する事によって1種類のウォレットでトークンを保管する事ができるようになっています。

例えばウェブサービス型ウォレットでは「MyEtherWallet」やソフトウェアウォレットでは「HBウォレット」などが、ERC20がサポートされているので保管する事ができます。

以上の理由から、ERC20は多くのICOで利用されているのです。

スポンサーリンク

ERC20をサポートするおすすめウォレット

ERC20をサポートするウォレットおすすめする前に、ウォレットの種類や特徴は理解されていますでしょうか?

☆ウォレットの種類や特徴については下記の記事をご覧ください☆

非公開: 仮想通貨を安全に保管するためのウォレット種類、特徴とは?仮想通貨初心者の方は必読!

☆ERC20をサポートするウォレットのおすすめは下記のものとなります☆

スマホで安全・簡単に管理できるアプリ「HBウォレット」

【仮想通貨ウォレットアプリ】「HB Wallet」が使いやすくて、おすすめ!

ウェブサービス型ウォレットの「MyEtherWallet」

【MyEtherWallet】マイイーサウォレットの登録方法を画像を付けて分かりやすく紹介!

ERC20と非中央集権アプリケーション

ERC20を仕様する事で非中央集権プラットホームブロックチェーンであるイーサリアムを色々な方々が利用しやすくなります。

ERC20という共通仕様のトークンがあれば、同じウォレットで異なる名前のトークンをやり取りできるので、Dapps(分散型アプリケーション)と呼ばれる「非中央集権アプリケーション」をより多くの方が使いやすくなってきます。

ERC20に対応した分散型取引所プロジェクトにも注目を集めています。

今後のERC20に期待

ERC20についてわかりやすく書いてきました。理解いただけましたでしょうか?

今後も多くのERC20というトークンが発行されていくのは間違いないと思います。

数多くのプロジェクトが増える事で、プラットフォームであるイーサリアムの価値が高くなっていきます。

しかし、イーサリアムブロックチェーンを利用したプロジェクトのICOだから全部が全部成功するとは限りません。

最近、ICOに参加しても、開発が進まなかったり、資金を持ち逃げするといった事が起こっています。

ICOに参加するにあたって、自分が「このプロジェクトは夢がある、投資したい」と思うかつ、損しても構わないという考えで参加するスタンスがおすすめです。

この記事に関するおすすめ記事