≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【仮想通貨ウォレットアプリ】「Ginco」の特徴、今後の展開によって全ての機能があなたの手の中に!

仮想通貨ウォレットアプリケーション「Ginco」の特徴について!さらに今後の展開によって全ての機能があなたの手の中に!

Gincoは、わずか1日で事前登録者数1000人を突破する程です。仮想通貨不正アクセスニュースにより需要が高まっているのだと思います。

株式会社Gincoの概要

株式会社Gincoの概要を下記の表にまとめました。

会社名 株式会社Ginco(Ginco Inc.)
設立 2017年12月21日
資本金 1,000万円(資本準備金含む)
事業内容 仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」の企画・開発・運用
代表者 森川夢佑斗
所在地 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15−10 MAC渋谷ビル8
事業内容 スマートコントラクト事業
iOS及びAndroidアプリ開発
URL https://ginco.io

株式会社Gincoについて

株式会社Gincoは、仮想通貨時代の真新しい銀行を目指す会社で、スマホで簡単かつ安全に仮想通貨を管理できるクライアント型ウォレット「Ginco」を提供しています。

昨年が仮想通貨元年で、ビットコインやアルトコインに大きな注目が集まり、仮想通貨の取引量や保有者が急激に増えることになりました。

しかし、その大半が、ハッキングリスクの高い取引所に仮想通貨を預けたままで、安全に資産を管理できるウォレットサービスの利用率が海外に比べて日本が極めて低いという現状があります。

そこで株式会社Gincoは、誰もがスマホで安全に仮想通貨を管理できるスマホウォレット「Ginco」を開発しています。

サイトリリース後は、わずか1日で事前登録者数1,000人を突破しています。

Ginco事前登録はこちらからどうぞ!


Gincoの特徴

Gincoの特徴について今わかる事を下記にまとめました。

  • 高水準のセキュリティ(クライアント型方式と、独自の暗号通信を採用)
  • シンプルさを追求したインターフェイス
  • 仮想通貨イーサリアムに対応

まだ完全にはリリースはしていませんので発展途上ですが、今後の動き等をまとめていきます。

Ginco今後の展開

Gincoの公式サイトをみてわかる通り、今後の展開が書かれています。

Ginco iOS版リリース

2月初旬にイーサリアム(ETH)に対応したクライアント型ウォレットをリリース。初めての方でも、説明書いらずで、「簡単」に、そして「安全」に利用していただけます。

ERC20トークンに対応予定

2月下旬にイーサリアム上のトークンであるERC20系通貨に対応します。ERC20系通貨は多くのICOで利用されており、多くの通貨の取扱いが可能になります。

BTC,BCH,XRP,LTCに順次対応予定

3〜4月にビットコインやリップルなど、ほとんどの主要通貨に対応します。仮想通貨をひとつのアプリでまとめて管理できるようなります。

Ginco Android版リリース

5月にAndroid版を提供し、より多くの方にアプリをご利用いただけます。

販売所やデビッドカード機能

年内に日本円から仮想通貨をワンタップで交換できるようになります。さらに、普段のお買い物で、お持ちの仮想通貨を使って決済ができるようになります。

引用元:Ginco公式サイト

スポンサーリンク

Ginco今後の動き

ポートフォリオ・両替・ICO投資などにも順次対応して、仮想通貨で必要な全てが、「Ginco」ひとつに収まる予定です。

資産の状況を把握するポートフォリオ機能や仮想通貨同士を交換する両替機能、興味のあるプロジェクトに出資ができるICO機能など。

セキュリティが優れたGincoウォレット

Gincoはクライアント型モバイルウォレットという方式と、独自の暗号通信を採用しています。従来のウォレットと比べてセキュリティ・ユザビリティが優れたウォレットを開発しているとのこと。

高水準のセキュリティが実現しているので、資産は安全。

リリース段階前なので、まだまだ不透明な点はありますが、今後に期待です。

Ginoco Magazineで仮想通貨管理について勉強しよう

今回、Gincoはクライアント型モバイルウォレットというものを開発していますが、他にもウォレットの種類があるのは皆さんご存知ですか?

そんな仮想通貨管理の初心者に向けた、分かりやすい仮想通貨ニュースをアップしていますので、こちらを参考するのも良いかと思います。

Gincoまとめ

Gincoのサイトリリース後は、わずか1日で事前登録者数1,000人を突破しています。

この背景には、仮想通貨不正アクセスニュースにより需要が高まっているのだと思います。

今後も「Ginco」をはじめ、他のクライアント型モバイルウォレットという物は必要不可欠なってきます。

Gincoは先にiOS版が先にリリースするみたいなので、Androidの方は遅くなると思いますが、リリースされるまで待たれてください。

まだ、対応通貨や機能は少ないですが、今後にはアップデートあるみたいなので、Gincoの動向を見ていきたいと思います。

年内中には、充実した機能やサービスの利用ができると思われますので楽しみですね。

仮想通貨管理としてcoinstoryのおすすめと致しまして、ウォレットアプリ(Ginco)とハードウェアウォレットを駆使して管理することをおすすめします。

詳しく知りたい方は下記からどうぞ。

ハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノエス)」について知りた方はこちらから

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?