≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

仮想通貨取引所の利用には「二段階認証」必須!落とし穴と解決策を公開!

仮想通貨取引所の利用には「二段階認証」の設定が必須です。

二段階認証してセキリュティ強化を図ると同時に、落とし穴があるという事を注意しなければなりません。

二段階認証の設定は必須

仮想通貨取引をはじめたばかりの人たちの中で「二段階認証」設定をやってない方もいるのではないでしょうか?

取引所に対して不正ログインと不正送金を未然に防ぐためには、二段階認証の設定が必須です。

しかし、ほとんどの取引所では二段階認証が必須項目になってないために、仮想通貨取引を行っている人全員が二段階認証を行っていないのが現状です。

国内取引所のコインチェックビットフライヤーに関して、二段階認証設定をしていてハッキングをされた場合のみ保証の対象となります。

自分の資産は自分で守る必要があります。なので二段階認証は必ず行いましょう。

二段階認証

スマホアプリで簡単設定

スマホアプリ「Google Authenticator」で二段階認証設定を簡単に行えます。

※設定の際にQRコードの読み取りが必要になるので、パソコンで取引所にアクセスするといいです。

ログインできなくなる落とし穴

二段階認証の設定を行ったスマホ端末が盗難や紛失、故障したりした場合は、取引所にログインできなくなってしまうので注意する必要があります。

注意
QRコードをスキャンして登録した端末のみでしかログインする事ができないようになっているので、データを引き継いでも新しい端末ではログインが出来ません。

その場合、焦らずに取引所に連絡して、再びログインできるように依頼する事が必要です。

国内取引所であれば運営に連絡してすぐに対応してくれますが、本人確認をしていない海外取引所などにおいては、複雑でとても時間がかかったり、対応してくれないケースあるのでバックアップをしましょう。

バックアップの仕方については以下で説明します。

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨取引所まとめ一覧↓

非公開: 【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨取引所まとめ一覧

バックアップの方法について

スマホ複数台を利用してQRコードを読み取っておく

スマホや他端末を持っている方はとてもシンプルかつ簡単なのでおすすめします。

登録時にQRコードが発行されるので、そのQRコードを別端末で読み込んで保存しておくだけでリスク管理はできます。

QRコードスクリーンショット

推奨するバックアップ方法です。

私も念のためにしているのですが、QRコードをスクリーンショットし、データを一度保存します。そのデータをプリンタで印刷して、紙ベースで保管をしています。

USBなどに保存して保管するでも良いです。

※必ずどちらかの保存を必ずしておきましょう。

二段階認証まとめ

私も仮想通貨取引を始めた当初は、「二段階認証」について知らなかったし、知っても面倒の一点張りで登録はしなかったです。

今後も仮想通貨取引で資産運用される方は、必ず二段階認証をおすすめします。

それと、万が一のためバックアップは必ず取っておきましょう。