≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【HB ウォレット】の作成、使い方!こんな簡単に使える仮想通貨ウォレットアプリまだ使ってないの?

HBウォレットの作成方法、使い方を説明致します。最近、HBウォレットは1万ダウンロード達成し人気が急上昇中のウォレットアプリです。こんな簡単に使える仮想通貨ウォレットアプリをまだ使ってないの?

HBウォレットおすすめな点

HBウォレットの作成方法や使い方を説明する前に、今一度HBウォレットに対しておすすめな点、特徴を下記の表にまとめてみました。

  • シンプルでわかりいやすいUIデザインを採用している
  • データのサーバ管理は一切せず、スマートフォン内で管理する
  • パスフレーズを用いて、いつでも資産を復元できる
  • 300種類を超える仮想通貨アカウントを開設できる
  • 全てのERC20トークンに対応しており、好きなトークンのアカウントを自分で追加できる
  • 日本語だけでなく、6ヶ国語に対応している

HBウォレット作成方法、使い方

「HBウォレット」作成方法、使い方は以下の通りです。

「HBウォレット」をダウンロード
6ヶ国語の中から「言語」の選択
「新しいウォレットを作成」を選択
利用規約を読んで「同意する」を選択
個人情報保護方針を読んで「チェックマーク」をチェック

携帯画像と合わせて、順に見ていきましょう。

  • 「HBウォレット」をダウンロードします。

  • 6ヶ国語の中から「言語」の選択をします。

  • 「新しいウォレットを作成」を選択します。

  • 利用規約を最後まで読んで、「同意する」を選択します。

  • 個人情報保護方針を最後まで読んで、「チェックマーク」をチェックします。

  • ウォレット作成中が何秒か続くのを待ちます。

  • この画面が表示されると、「新しいウォレット」の作成は完了。


HBウォレットはスマホ内で管理できますので、アプリをダウンロードしてから新しいウォレットが完了するまで、1,2分あればすぐにできます

しかも、個人情報を記入する欄が一つもなく使用できるので手軽で、とても簡単です。

ここまででウォレットからイーサリアム(ETH)の送受信ができるようになりましたが、PINコード(暗証番号)設定パスフレーズの記録を設定しましょう。

この設定をする目的と致しまして、もし端末が故障したり、紛失してしまった場合でも、ウォレット中の仮想通貨資産はなくなることなくリスク軽減を図るためです

なので、設定をおすすめします。

スポンサーリンク

仮想通貨資産を保管するための設定

PINコード:「HBウォレット」を開くたびに要求される暗証番号設定
パスフレーズ:「HBウォレット」が入った端末が故障したり、紛失しても回復するための12個のパスフレーズを書いて保存(ペーパーウォレット)

HBウォレットのPINコード設定

HBウォレットのPINコード設定は以下の通りです。

HBウォレットトップ画面から「その他」を選択
セキュリティの中の「PINコードの設定」を選択
4桁のPINコードを入力
再度PINコード入力してPINコード設定完了

携帯画像と合わせて、順に見ていきましょう。

  • HBウォレットトップ画面から「その他」を選択します。

  • セキリュティの中の「PINコードの設定」を選択します。

  • 4桁「PINコード」を入力。

  • 再度PINコード入力してPINコード設定完了。

HBウォレットパスフレーズを保管

HBウォレットのパスフレーズを保存する手順は以下の通りです。

HBウォレットトップ画面から「その他」を選択
「パスレフレーズ表示」を選択
PINコードを設定している方は、PINコードを入力
パスフレーズを紙に書いて保存したら、チェックマークをチェック

携帯画像と合わせて、順に見ていきましょう。

  • HBウォレットトップ画面から「その他」を選択します。

  • 「パスレフレーズ表示」を選択します。

  • PINコードを設定している方は、PINコードを入力。

  • パスフレーズを紙に書いて保存したら、チェックマークをチェック。

以上でHBウォレットのパスフレーズを紙に保存することによって、バックアップは完了です。

もし、携帯の故障や紛失しても12個パスフレーズさえ分かれば、あなたの仮想通貨資産は守られます。

保存には気をつけてされてください。

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?

トークンウォレットの追加方法

HBウォレット内では自分の好きなトークンを選択して管理できます。そのトークンウォレットの追加方法については下記の通りです。

HBウォレットトップ画面からトークン検索を選択
「トークン名の検索」カードを選択、ここでは「COMSA」を検索
「COMSA」のカードがで出てきたら、選択
「ウォレットの追加」を選択
HBウォレットのトップに戻ると「COMSA」追加完了

携帯画像と合わせて、順に見ていきましょう。

  • HBウォレットトップ画面から「トークン検索」を選択

  • 「トークン名の検索」に入力、ここでは「COMSA」を検索

  • 「COMSA」のカードがで出てきたら、選択

  • 「ウォレットの追加」を選択

  • HBウォレットのトップに戻ると「COMSA」追加完了

自分の好きなトークンを選択して、HBウォレット内に管理してみてください。

300種類以上も超える仮想通貨アカウント開設もできます。

今後もトークンは増え続けて行くと思いますので、必ず好きなトークンと巡り会えるはず。その際は、HBウォレット内に管理しましょう。

HBウォレット作成方法、使い方まとめ

HBウォレットをダウンロードして実際に新しいウォレットを作成してみて分かると思いますが、簡単かつ早くウォレット作成ができます。

また、UIデザインが使用されているため、シンプルでわかりやすいです。

スマホ内でウォレット管理できてしまうことがメリットですね。デメリットは、パスフレーズ管理ですね。12個のパスフレーズ管理を怠ると、もし、自分の携帯の故障や紛失してしまうと、仮想通貨資産はなくなってしまいます。

十分に気をつけてパスフレーズは管理してください。

coinstoryではその他の仮想通貨管理方法もおすすめしています。

ハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノエス)」について知りた方はこちらから

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?