≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【犯人特定】HBウォレットがハッキング被害発生!Android版の人は早急に対策をしましょう!【5月27日追記】

5月24日(木)13時にHBウォレットにハッキング被害発生しました。

被害を受けているのはAndroid版との事。

5月26日(土)に盗難被害の調査状況と再発防止策について報告されています。

また、犯人も特定されています。

HBウォレットとは?

HBウォレットはウォレット機能を含めAirDropやICOのシーンでも簡単に活用できる仮想通貨ウォレットアプリです。

ここ最近で人気がいっきに伸びて10万ダウンロード達成しています。

特徴は簡単にまとめると以下の内容になります。

特徴のまとめ

シンプルでわかりいやすいUIデザインを採用している
データのサーバ管理は一切せず、スマートフォン内で管理する
パスフレーズを用いて、いつでも資産を復元できる
1万種類を超える全てのERC20トークンに対応
生体認証機能が付いている
QRコードで簡単に決済ができる
日本円等で、金額指定で決済ができる
アカウントの送受信履歴を一覧で確認できる
ERC20トークンのエアドロップ機能
全てのERC20トークンに対応しており、好きなトークンのアカウントを自分で追加できる
日本語だけでなく、8ヶ国語に対応している

使ってみると分かりますがシンプルなデザインで使いやすいです。

ただ、現在はHBウォレットがハッキング被害受けてAndroid版の利用ユーザーに向けて注意を投げかけています

ハッキング被害発生内容

本日、5月24日(木)13時過ぎごろにハッキング被害が発覚しており、被害も増えている様子です。

【至急】本日、5月24日13時過ぎごろからHB WalletのAndroid版にて盗難被害が頻発しています。Android版の方は早急にMY ETHER WALLETなどの外部ウォレット、iOS端末のHB Wallet、HB Walletのデスクトップ版などに新規アカウントを作成し、暗号通貨を送信してください。この度はご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございません。

ディスコード内のチャットを見る限り、Android版のアプリにスパイウェアを仕込まれているようです。

Android版のHBウォレットを使っているユーザーは早急にMY ETHER WALLETなどの外部ウォレットに移す対策をしましょう!

MY ETHER WALLETは簡単にすぐに作成出来ます。

HBウォレットのバージョンを確認しよう

被害を受けているHBウォレットの該当バージョンは1.5.1のようです。

バージョン1.5.2は修正後となるみたいですが、動アップデートなどで一度でも1.5.1を経由してしまうと、スパイウェアによって秘密鍵が流出してしまっている可能性があるとの事なので、一旦はMY ETHER WALLETなどの外部ウォレット、iOS端末のHB Wallet、HB Walletのデスクトップ版などに新規アカウントを作成して移した方がよさそう。

バージョン1.5.1の該当ユーザーは、5月22日から5月24日18:00までにアップデートされた方が対象です。

1.5.2のアプリバージョンで新規に作成されたアカウントであれば問題はないとの事です。

また、アンドロイドのストアからアップデートすれば、修正版の1.5.2をご利用ができるみたいです。

被害にあった方

HBウォレットで被害はあった方は運営側が対応してくれるとの事です。

HB Wallet Android版で仮想通貨の盗難被害に遭われた方は、DM、メール等全てご対応致します。盗まれた総額・通貨、イーサリアムアドレス(可能でしたら該当トランザクションのスクリーンショット)を教えて頂きましたらしっかりと誠意を持って調査せて頂きます。何卒、何卒ご協力くださいませ。

ツイッターやディスコードで最新情報が更新されていくので、フォローしておきましょう!

盗難被害の調査状況と再発防止策について(追記:5月27日)

5月26日にツイッターで盗難被害の調査状況と再発防止策について報告されています。

犯人は前任のHB Walletのチームリーダーとの事です。

調査状況と再発防止策について細かく記載されています。

>Android版HB Walletにて発生している盗難被害の調査状況と再発防止策についてのご報告