≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【ICO】ネットマイル親会社、新会社ビットマイルでICO実施!革新的なトークンエコノミーを構築!

インターネットポイント交換サービス「ネットマイル」を運営するネットマイル社の親会社INMホールディングス社は2018年1月30日に新たに設立するビットマイル社でICOを実施することを公表。

2018年10月には独自の仮想通貨「ビットマイル」を発行し、企業も個人も仮想通貨を流通できる事業へ参入!

ビットマイルの描くトークンエコノミーとは…。

ネットマイル社

ネットマイル社は、日本で最初にインターネット上で共通ポイントサービスを実現した会社

今や、ポイントカードを持っていない人はいないのではないでしょうか。

ポイントをここまで浸透させたのはネットマイル社と言っても過言ではないでしょう。

また、ネットマイルは種類の違うポイントを一つにまとめてさらに交換できるお得な交換所

貯めたポイントから200種類以上の交換先で各社のポイント電子マネー現金航空マイレージに交換する事ができるサービスです。

ネットマイルユーザーは290万人もいるという。

ビットマイル社

今回、ネットマイル社で290万人もユーザーを抱えている親会社INMホールディングス社が新しくビットマイル社を設立する事を明らかにしました。

2018年10月から独自の仮想通貨ビットマイルを発行しサービスを開始する予定。

ビットマイル社では、企業等から出されるオファーに応じることで、利用者はその対価としてビットマイルを得られるというもの

サービス開始時には、既存のネットマイルユーザー290万人に対して、ネットマイル保有割合に応じて独自仮想通貨ビットマイルというトークンを無償で付与するとの事。

ネットマイルユーザーにとっては必見ですね。

どの仮想通貨に対応するのか楽しみです。

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

企業も個人も仮想通貨を流通できる事業

ビットマイル社の、企業等から出されるオファーに応じることで、利用者はその対価として独自仮想通貨ビットマイルというトークンを得られるサービスですが、スマートコントラクト技術を活用し、企業だけでなく、貢献度に応じて個人もポイントを発行できるような非中央集権型の経済圏を構築する計画である。

これこそが、ビットマイル社の最大の特徴と言えるでしょう。

さまざまな仮想通貨交換流通のパターンに応用可能できそうですね。

今後のサービスに期待

こういうサービスを見ると個人で稼げる時代が着々と進んでいるなという感じがします。

ビットマイルも早くポジションをとってサービスを活用して行きたいですね!