≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【LSK】仮想通貨リスク(Lisk)とは?特徴・チャート・今後について分かりやすくまとめてみました!

仮想通貨リスク(Lisk)って仮想通貨銘柄の中でなんか影が薄いし、実際のところどんなコインなのかな?

リスク(Lisk)は仮想通貨銘柄の中でも影が薄いけど、あなたは少しでも気になっているのではないでしょうか?

そんな仮想通貨リスク(Lisk)とはなにか?特徴やチャート、今後について分かりやすくまとめました!

仮想通貨リスク(Lisk)の概要

通貨名 Lisk(リスク)
通貨略号 LSK
公開日 2016年5月
発行上限数 上限なし
取扱国内取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)
coincheck(コインチェック)
取扱海外取引所 Bittrex(ビットレックス)
Binance
公式サイト Lisk公式サイト
ホワイトペーパー Liskホワイトペーパー

リスク(Lisk)とは?

リスク(Lisk)は、仮想通貨自体の名称ではなく、分散型アプリケーションのプラットフォームのことを指します。「プラットフォーム名=Lisk」「プラットフォーム内の通貨名=LSK」です。

リスク(Lisk)を簡単にいうと、スマートコントラクトを目的としていること、他の仮想通貨より高い安全性を持っており、Microsoft社などの世界的大企業からも出資を受けています。

ここら辺の情報は比較的に皆に知られている情報です。

では、リスク(Lisk)は、なぜ安全性が高いのか?なぜ処理速度が早いのか?そこまで理解されている方は少ないと思います。

また、スマートコントラクト技術が使われていることからイーサリアム(ETH)との比較対象になっています。

イーサリアムからフォーク(分岐)したように思われますが、イーサリアムがベースになっていません。リスク(Lisk)のコードはCryptiプロジェクトのOliverのコードがベースになっています。

2016年5月に公開されからまだまだ日も浅く、影が薄い印象もありますが、意外と世界からの注目度は高く、他の仮想通貨には持っていない特徴を兼ね備えている仮想通貨です。

そんなリスク(Lisk)の特徴について深くみていきましょう!

分散型アプリケーションとは?
ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーション構築をするものです。リスク(Lisk)のDAppsで立ち上げるブロックチェーンは「プライベートチェーン」と呼ばれ、承認システムは開発者のニーズに合わせカスタマイズすることもできます。

Dapps(分散型アプリケーション)ってなに?簡単解説!

リスク(Lisk)の特徴

リスク(Lisk)の特徴について下記の表にまとめました。

  • サイドチェーンを使用
  • 承認システムのカスタマイズが可能
  • プログラム言語はJavaScript使用
  •  Delegated Proof of Stake(DPoS)採用
  • LSKの発行枚数の上限なし

サイドチェーンを使用

リスク(Lisk)は、アプリケーションの基盤に、メインチェーンではなく、サイドチェーンを使用しています。サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別に存在するチェーンの事で、メインチェーンから派生したチェーンのことです。

サイドチェーンは、メインチェーンが基盤ではありますが、メインのブロックチェーン上に直接コードを書くのではなく、サイドチェーンごとのブロックチェーン上にコードを書きます。それぞれのサイドチェーンは独立して動作するので、メインチェーンにない独自の機能を持たせることが可能です。

リスク(Lisk)のサイドチェーンやDApps上でバグが発見された場合は、メインチェーンではなく、サイドチェーンのみをハードフォークだけで解決します。

サイドチェーンのメリットは、処理速度・チェーンの性能の向上することと、DAppsにバクがみつかっても、DAppsの開発者がバグが生じる前の状態に戻すことができるという点もあげられます。

承認システムのカスタマイズが可能

リスク(Lisk)は、メインのブロックチェーンにコードを書くのではなく、それぞれの分散型アプリーケーション(DApps)でブロックチェーンを立ち上げ、そこでコードを書き込みます

そのため、リスク(Lisk)の分散型アプリケーション(DApps)で立ち上げたブロックチェーンの承認システムは開発者が自由にカスタマイズ可能となっています。

プログラム言語はJavaScript使用

JavaScriptは、プログラミング言語の一つです。JavaScriptはプログラマーには馴染みのあるプログラミング言語なため、多種多様に開発に取り組めます。

リスク(Lisk)の開発言語にはJavaScriptが使用され、開発参入のハードルが低いです。そのため、開発速度や質の向上が他の通貨に比べてあるということです。

DPoS(Delegated Proof of Stake)採用

リスク(Lisk)の合意形成アルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)が採用されています。

リスク(Liskd)のマイニングでは、指名された承認者だけが承認作業を行うため、競争のための演算を行う必要がなく、承認が10秒程で済みます。

そのため、ビットコインのように電力を莫大に消費するマイニングをする必要がない仮想通貨なのです。

スポンサーリンク

LSKの発行枚数の上限なし

ICOで最初に配布されたトークンは、100,000,000LSKです。

ネットワークが2016年5月24日に稼動して以来、101人の代表者がLiskネットワークを保護し、その活動に対してフォージング報酬を受け取っています。

Liskは、毎年少しずつLSKの発行量が増加する仕組みがあります。Liskのブロックチェーン上で新しいブロックが作成されるたびに、新しく5LSKが追加されます。3,000,000ブロックごとにこの報酬は1LSK減少し、最終的にブロックあたりの報酬は1LSKにまで減ります。

流通量に上限はありませんが、発行ペースは一定なので、徐々にインフレ率は減少していきます。

15年目でインフレ率は1.74%になります。

リスク(Lisk)とイーサリアム(ETH)の違いは?

リスク(Lisk)は、イーサリアム(ETH)と比較されることがとても多いです。その理由としては、両者ともに分散型アプリケーション構築するプラットフォームとして機能しており、スマートコントラクト技術が使われているからです。

リスク(Lisk)とイーサリアム(ETH)の主な違いは以下の3つです。

リスクとイーサリアムの違い
  • サイドチェーン
  • 開発言語(JavaScript)
  • DPoS(Delegated Proof of Stake)採用

以上のことから安全性・処理速度・使いやすさはリスク(Lisk)の方が断然に優れていることがわかります。

リスク(Lisk)のチャート・価格


上の図のリスク(Lisk)チャートを見ながら、最高価格最近の最低価格最近の価格を確認していきましょう。(2018年4月22日現在)
  • 最高価格(2018年1月7日)=約4,087円
  • 最近の最低価格(2018年4月1日)=約754円
  • 最近の価格(2018年)=約1,333円

最近の取引高は、

  • 最高の取引高(2018年12月21日)=246億円
  • 最近の取引高(2018年4月21日)=30億円
最高価格に比べると最近の価格は減少傾向にありますが、今年に入ってからbitFlyer(ビットフライヤー)上場であったり、リスク(Lisk)に対しての注目度も上がってきています。今年はリスク(Lisk)にとっての元年の年だといわれているので、これから上昇する仮想通貨といってもいいかもしれません。

リスク(Lisk)のおすすめ取引所は?

リスク(Lisk)を購入するためのおすすめ取引所を国内取引所・海外取引所に分けてご紹介します。

国内取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)

国内では一番のシェアを誇っているbitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱っているのでおすすめです。

海外取引所はBinance(バイナンス)

仮想通貨銘柄の種類や取引高がとても多い人気な取引所です。

スポンサーリンク

リスク(Lisk)の今後・将来

リスク(Lisk)は、2018年が元年の年だといわれているので、これから飛躍していくこと間違いなしです。

リブランディング

リスク(Lisk)は、2018年2月に新しいロゴを発表しました。皆さんはお気づきでしょうか?それと同時に公式サイトのデザインも変更され、新しくブランド構築を図っています。

新しくブランディングするということは、資金力であったり、今後の見通しがついている証拠だということです。

要するにリスク(Lisk)は、次の段階まできているということです。

core1.0アップデート

リスク(Lisk)は、core1.0という5項目のアップデートを進めています。現在はすでに開発が完了し、今後は検証と品質保証を進めています。

アップデートが完了するとイーサリアムと同等な位置付けになるかもしれません。

SDK配布

2018年4月から開発者にSDKの配布が始まります。SDKとは、ソフトウェア開発キットの略称です。

開発元が開発者のために開発方法や開発環境を提供するためのツールとして使われます。

要するに今後は、プログラム言語JavaScriptを使用できる開発者がリスク(Lisk)の開発をすることができるようになります。そうなるとリスク(Lisk)の技術力・開発は格段にスピードアップすること間違いなしです。

まとめ

これからは、リスク(Lisk)をはじめスマートコントラクトを目的とした仮想通貨が求められる時代へと変わってくると考えています。

リスク(Lisk)とイーサリアム(ETH)はこれまで比較されてきて、イーサリアムの一歩後ろを歩く存在として位置付けされていましたが、この記事を読んでみて見方は変わったのではないでしょうか。正直なところ、イーサリアムよりリスク(Lisk)の方が、安全性・処理速度・使いやすさがあると思います。

2018年がリスク(Lisk)にとって元年の年で、アップデートしてSDK配布が行われてからがスタートではないかと考えます。

スタートを決めてからは、価格は上昇するでしょう。

もしリスク(Lisk)を購入するのであれば、タイミング的には2018年今だと思います。短期的なトレードよりも長期的に保有をおすすめします。

bitFlyer
公式サイトはこちら!