≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

【モネロ(XMR)】仮想通貨「Monero」を不正採掘するマルウェア、感染拡大!!

中国のセキュリティ企業Qihoo 360 Netlabが2月4日のブログで、アンドロイド端末に感染して仮想通貨モネロ(XMR)を不正採掘しようとするマルウェアが急激に感染を広げている事を発表!

Android端末のデバッグツールに使われる5555番ポートを介して、感染を拡大しているとの事。

その新しい手口で1億ドルを獲得することも不可能ではない!?

モネロ(XMR)

仮想通貨モネロは2014年4月に公開おり、匿名性の高い仮想通貨として人気を誇っています。

CryptoNoteという匿名性に特化したプロトコルを利用し「リング署名」を実装している為、追跡するのが困難です。

匿名性が高いだけに、違法な取引に使われる可能性があるとしても見られています。

また、ビットコインのようにハイスペックなPCを使わずとも一般の家庭用パソコンのCPUでもマイニングが可能です。

匿名性が高く、マイニングが簡単な仮想通貨モネロが他人のPCやアンドロイド端末に感染し不正採掘されたようです。

モネロだけに限らず匿名性が高い仮想通貨は追跡が困難なだけに、危険な仮想通貨とも言えるでしょう。

非公開: 【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

マルウェア「ADB.Miner」

マルウェアとは、不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

また、ウィルスなどもマルウェアの中の一つです。

今回、Android端末のデバッグツールに使われる5555番ポートを介してワームのような形で感染を拡大しているとの事。

マルウェア「Mirai」のコードを一部流用している事もわかっており、感染したデバイスは5000台以上のデバイスに感染した事を推定しています。

被害が広がっているのは主に中国であり、感染デバイスはAndroid搭載のスマートフォンとスマートテレビが大半を占めているとの事。

110億円手にする事も!?

この手法では、一人のハッカーが約110億円を手にすることも可能との事。

一般的なPCでは1日当たり約0.28ドルのモネロを獲得することができると言われており、何万台ものPCを乗っ取って採掘を行った場合、膨大な利益を不法に得ることが可能という。

不法採掘の場合は他人のPCやスマホを乗っ取るだけで簡単に行うことができる為、ランサムウェアに比べて静かに効率的に犯罪ができる手法みたいだ。

発展途上なだけに注意が必要

最近の仮想通貨の話題は、不正流出なども含め悪いニュースが目につきます。

これは、仮想通貨が悪いのではなく仮想通貨を悪用している人達が悪いのです。

仮想通貨は発展途上なだけに注意が必要です。

より安全に仮想通貨を楽しむ為にも保有している人は、ハードウェアウォレットに保管してセキュリティを高くしていきましょう。

引用元:ITmedia
引用元:Forbes JAPAN