≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

仮想通貨アプリ【Robinhood Crypto】が手数料ゼロで米国サービス開始!

仮想通貨アプリ「Robinhood Crypto(ロビンフット・クリプト)」が手数料ゼロで2月から米国サービス開始すると発表しました。

Robinhood Crypto(ロビンフット・クリプト)

今若者に人気の株式アプリ、「Robinhood Crypto(ロビンフット・クリプト)」は手数料無料で仮想通貨取引ができるという優れたサービスを開始します。

ロビンフッド・クリプトは米カリフォルニア州パロアルトを拠点とし、手数料ではなく、顧客から払い込まれた資金や証拠金取引の金利で利益を得るビジネスモデルが有名です。

スタンフォード大学でルームメイトだった Viadimir Tenev氏とBaiju Bhatt氏がリリースし、若い世代を中心に人気アプリとなりました。

Robinhood Crypto公式サイト

ロビンフット・クリプト取扱い通貨

ロビンフッド・クリプトで取引きできる主要通貨はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のみだけですが、順次拡大予定で、下記の対応予定リストには13種類の仮想通貨が並んでいます。

  • Bitcoin Cash
  • Ethereum Classic
  • Litecoin
  • Repple
  • Dash
  • Zcash
  • Monero
  • Qtum
  • Bitcoin Gold
  • OmiseGo
  • NEO
  • Lisk
  • Dogecoin

【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧はこちら↓

非公開: 【2018年1月時点】【最新版】仮想通貨種類まとめ一覧(日本で取引可能な仮想通貨)

ロビンフット・クリプト開始予定地域

ロビンフット・クリプトアプリはすぐにアメリカどこでも使えるようになるわけではなく、まずはカリフォルニア、マサチューセッツ、ミズーリ、モンタナ、ニューハンプシャーの各州で2月から開始予定だそうです。

ロビンフット・クリプトによって手数料変わる?

仮想通貨取引を行うことによって、「手数料が高いな」と一度は思った方はいるのではないでしょうか?

ロビンフッド・クリプトの取引手数料無料のニュースに歓喜の声をあげる方は多かったのでは?

ロビンフットのBhatt氏は「他の仮想通貨の取引所は手数料が高すぎるため、我が社が無料にすることで、業界全体の手数料の水準が下がることを期待する」言っています。

これから全世界の取引所の手数料価格の見直しがなされることを祈ります。

引用元:Forbes japan