≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

仮想通貨を安全に保管するためのウォレット種類、特徴とは?仮想通貨初心者の方は必読!

仮想通貨を安全に保管するためのウォレットの種類、特徴について書いていきます。またcoinstoryがウォレットの種類に合わせて保存している方法を公開。仮想通貨初心者でコインを取引所に置きっぱなしで今後ウォレット管理する方には有益な情報です。

仮想通貨ウォレットとは?

仮想通貨を始めたばかりの方は、「ウォレットって何?」って疑問を持たれる方が多いです。

そもそもウォレットの意味は「財布」なんですが、仮想通貨ウォレットとは、「仮想通貨を保管する場所」、つまり仮想通貨を銀行口座に預ける」といった意味合いで理解していただけると良いです。

ここで皆さんは、「口座なら仮想通貨取引所で作ったよ!」って思われがちなのですが、ここでとても重要なのが「自分の銀行口座に仮想通貨を保管・管理」しなければならないのです。

そこで必要なのが、「仮想通貨ウォレット」という事なのです。

仮想通貨ウォレットに保管しないリスク

仮想通貨始めたばかりの方がよくやりがちな仮想通貨管理方法なのですが、「仮想通貨取引所にそのまま保管する」という方法ではないでしょうか?

要するに、「Zaif」「coincheck」「bitFlyer」などで仮想通貨を購入してそのままということです。

早く仮想通貨を移動しないと、「取引所へのハッキング」「倒産リスク」というものがあります。

2018年1月26日には「coincheckへのハッキングがありNEM/XEMコインが奪われるという事件」がありました。

【Coincheck】NEM(XEM)トラブルで出金・売買停止!ハッキングの疑いあり?

今回の事件で、coincheckは補償方針を発表しましたが、もし補償できなかった場合は、仮想通貨は二度と手元に帰ってくる事はないということがポイントとなってきます。

本当にこれから何が起こるかわかりない状況なので、何度もいいますが、取引所には預けたままにせずに「仮想通貨ウォレット」に預けることをお勧めします。

スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットの種類と特徴

散々、「仮想通貨ウォレット」へコインを預ける事をおすすめしてきましが、ここでは「仮想通貨ウォレットの種類と特徴」について説明をしていきます。

ここでは「仮想通貨ウォレット」4分類に分かれています。

サーバー型ウォレット
ソフトウェアウォレット
ハードウェアウォレット
ペーパーウォレット

サーバー型ウォレット

意外とみんなが利用しているICO参加の際に使っている、オンラインアプリケーション、通称ウェブサービス型ウォレット

ID/Passを入力するタイプ。

ウェブ型ウォレットで具体的なサービスは以下の二つが代表的なものになります。

ものの数分で簡単にウォレット作成できます。

☆MyEtherWalletの登録方法について知りたい方は下記からどうぞ☆

【MyEtherWallet】マイイーサウォレットの登録方法を画像を付けて分かりやすく紹介!

ウェブウォレットはインターネットと繋がっている環境下で、秘密鍵さえあれば、簡単にお金を送金・受け取りができます。

しかし、第三者のサーバーに自分のID/Passを送って使用するため、ウォレットの運営側がハッキングを受けた場合に全ての仮想通貨が奪われてしまうリスクということがあります。

さらに、自分が使用しているID/Passを知っている見ず知らずの人が、ネットワーク上から自由にアクセスできるという難点があります。そうした場合は、運営側もわからないです。

預けた仮想通貨が全て抜かれても仕方がないです。

ウェブウォレットのメリットは、端末が壊れたり、紛失しても、他端末からアクセスし続けられるという点です。

以上の事から、これは仮想通貨取引所に預けているのと一緒で、ハッキングやセキュリティ上のリスクがあるウェブウォレットの使用はおすすめしません

が、coinstoryは、MyEtherWalletを使ってICO参加したりしているので、全く使ってないわけではありません。

用途に合わせて、ウェブウォレット使ったり、仮想通貨資産を分散という事は行っています。

ソフトウェア型ウォレット

普段から使うスマートフォンPCソフトウェアダウンロードし、使用するタイプのウォレットになります。

スマートフォンのアプリケーションで管理できるので、安全・簡単・管理というイメージです。

ソフトウェアウォレットで具体的なサービスは以下の二つになります。

「HBウォレット」はスマホ内にアプリをダウンロードして、管理しています。coinstoryでもコンスタントに利用しています。個人情報を打ち込むことなく新規ウォレットの作成ができるのでおすすめです。

 

【仮想通貨ウォレットアプリ】「HB Wallet」が使いやすくて、おすすめ!

 

「Ginco」に関してはiOS版リリースを待っています。内容はとても魅力たっぷりです。下記の記事をみてもらればわかるのですが、今後の展開が待ち遠しいです。

 

【仮想通貨ウォレットアプリ】「Ginco」の特徴、今後の展開によって全ての機能があなたの手の中に!

 

ソフトウェア型ウォレットは、第三者に(サーバー)にID/Passを渡さないので、秘密鍵(パスフレーズ)を自分で完全に管理できるシステムなっています。

メリットとしては、もしサービス提供事業者が倒産しても、秘密鍵(パスフレーズ)を使用して他ウォレットに仮想通貨資産を移し替えることも可能という点です。

また、スマートフォン内のアプリなので、常時、仮想通貨の買い物・送金・受け取りが安全かつ簡単、スピーディーにできちゃいます

スマホがウイルスに感染しない限りは、自分の仮想通貨資産は守られます。

最初にも言いましたが、自分で完全に管理できる分、スマホ端末が紛失や盗難、故障にあった場合のためにパスフレーズ(バックアップキー)が必要になってきます。

「パスフレーズ」を書き留めて保管することは、ウォレット作成後、ただちに行ってください。

自己責任が求められるウォレットです。

 

 

HB Wallet

HB Wallet

Ginco事前登録はこちらからどうぞ!

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはセキュティ面でとても強固なもので、通称ハードウェアウォレットと言われています。

ハードウェアウォレットは、USBタイプの端末となります。

ハードウェアウォレットで具体的なサービスは以下の二つになります。

ハードウェアウォレットの中でも、coinstoryが使用している物はLedgerNanoS(レジャーナノエス)になります。理由としては、保管できる対応通貨が一番多いという点長期保有に関して最強な点

 

☆LedgerNanoS(レジャーナノエス)詳しく知りたい方は下記の記事からどうぞ☆

【LedgerNanoS(レジャーナノエス)】正規代理店で購入おすすめ!ハードウェアウォレットでみんな仮想通貨を守ってる?

 

仮想通貨の送金・受け取り以外はネット環境下ではないので、ハードウェアウォレットに保管している間は、ハッキングなどのリスクを避けることができます。

万が一、ハードウェアウォレット端末の盗難しても、PINコードが盗まれなければ大丈夫です。また、紛失故障してもパスフレーズで資産の復元ができるので一安心。

オフライン状態で秘密鍵を保管できるのは、ウェブ型ウォレットやソフトウェアウォレットの機能にはないというのが特徴です。

2018年1月26日の「coincheckへのハッキングがありNEM/XEMコインが奪われるという事件」が起きる前に、ハードウェアウォレットに保管しておけば大丈夫だったということは言うまでもありません。

保管に際して、メリットも多いですが、ハードウェアウォレットを使用するには購入しないといけません。

LedgerNanoSは、15,800円(税込)

Trazorは、14,800円(税込)

世界でも品薄状態が続いているみたいで、転売業者が偽物等も販売されているため、正規販売店で購入することをおすすめします。

★ハードウェアウォレット購入はこちらからどうぞ!★

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は正規販売代理店で!
LedgerNanoS(レジャーナノエス)は正規販売代理店のhardwearwallet.jpで購入ください。

ペ−パーウォレット

4つめのペーパーウォレットは、一番セキュリティ面で最強なウォレット形式となっています。

ペーウォレットは名の通り「秘密鍵を印刷された紙」で保存するシステム。

いままで話してきたウォレットのなかでは一番ではないかと。

仮想通貨をすぐに送金することはできなくなってしまいます。こちらも長期的な保存には向いています。

こちらもハードウェアウォレットと一緒で、盗難や紛失には気をつけることはもちろんなのですが、火災には気をつけてください。小さい子供や動物にも

保管は自己責任です。

ウォレット保管おすすめ

以上の4つのウォレット種類特徴についてわかっていただけましたでしょうか?

基本的に全てのウォレットは活用していくスタイルをcoinstoryは取らせていただいております。

資産、投資の基本になるのですが、分散して保管する方法をおすすめします。

仮想通貨も一緒で、各ウォレットに分散しましょう。

ウォレット用途に合わせた分散方法
ウェブ型ウォレット
「MyEtherWallet」を使用しているのですが、ICO参加に合わせてイーサリアムやトークンの管理しています。

ソフトウェアウォレット
「HB Wallet」を使用してます。HBウォレットはスマホに安全にかつ簡単に仮想通貨を保管できるので、送受金がすぐにできるので、用途にあわせてイーサリアムを保管しています。「Gincoウォレット」はこれからに期待していますので、事前登録を済ませています。

ハードウェアウォレット
LedgerNanoS(レジャーナノエス)のなかにXRPを保存しています。普段から引き出すことは考えていない仮想通貨銘柄になっています。数年に渡ってガチホします。仮想通貨を眠らせるためにハードウェアウォレットを使うことをおすすめ。

ペーパーウォレット
秘密鍵を保存するために使用させてもらっています。

ウォレットまとめ

仮想通貨をはじめたばかりの方、はじめているけど、まだ仮想通貨をウォレットに保管していない方には、「ウォレット」の種類・特徴についてご理解いただけたのではないでしょうか?

また、「ウォレット」重要性も合わせてわかってもらえたと思います。

今後も仮想通貨取引等をおこなっていく方は、リスクが常に隣り合わせだと自覚してくださいね。

特に仮想通貨始めたばかりの方。そして、まだまだ取引所に仮想通貨を預けたままでいる方。

正直、coinstoryが紹介したウォレットも対応通貨が少ないという点があります。これから多く通貨に対応した新しいウォレット等、出てくるとは思います。とくにかく自分にあったウォレットに保管することが一番です。

最後にはなりますが、仮想通貨資産を守るためには自己責任ということは頭に叩き込んでいてください。

この記事をきっかけにウォレットの管理しなくちゃという方が一人でも多くできることを祈っています

最後まで読んでいただきありがとうございました。