≫【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】正規代理店購入はこちら!≪

仮想通貨とは何かをわかりやすく解説【仮想通貨初心者向け】

この記事は初心者に向けて「仮想通貨とは何か?」についてわかりやすく解説する記事になります。

仮想通貨とはおもにインターネット上で「お金」のように商品やサービスの決済に利用できる通貨になります。

日本円のように紙幣や硬貨のような目に見える形で存在していません。

また、日本円やドルなどのように国がその価値を保証しておらず、中央銀行のように公的な管理者もいません。

目に見えず、価値の保証もされてなく、管理者もいないのに何で決済に使えるの?」と疑問がうまれると思います。

むしろ「仮想通貨って怪しそう・・・」と思うかもしれません。

なぜ、仮想通貨は「お金」と同じように商品やサービスの決済に利用できるのかを説明していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨は中央銀行や金融機関を経由せずにやりとりができる為、海外の送金時の手数料が安くすみ、決済時間を大幅に短縮できるといった利点があり将来性のある通貨です。

2017年度には仮想通貨元年と呼ばれビットコインの高騰によってテレビや新聞などのメディアに多く取り上げられ仮想通貨の存在が幅広く知れ渡りました。

ビットコインの保有で億万長者が登場し「億り人」という言葉まで流行りました。

その影響で仮想通貨は株に近いイメージを持っている方が多いように感じます。

「億り人」を目指す為に仮想通貨を持つ人もいますが、もともとはそのような通貨ではありませんでした。

特徴のまとめ
  • 「お金」のように決済利用ができる
  • ブロックチェーンで管理されている
  • 1000種類以上のコインが存在
  • 専門取引所などで交換する事ができる

「お金」のように決済利用ができる

日本では2017年4月に「改正資金決済法」が施行され、仮想通貨は「お金」のように商品やサービスの決済に使えるようになりました。

決済方法も簡単でスマートフォンに仮想通貨ウォレットのアプリをインストールし店側のQRコードを読み込んで支払う事ができます。

店舗だけでなくインターネット上でも商品を買うことができます。

仮想通貨での支払いが出来る店舗は「クリプトペイ」で探すことができます。

また、仮想通貨ウォレットアプリもたくさん出てきていますが「Ginco」がオススメです。

電子マネーやクレジットカードとの違い

目に見える紙幣や硬貨を使わないのであれば「電子マネーやクレジットカードと一緒ではないのか?」と思うかもしれませんが、性質上はまったく違うものになります。

仮装通貨 電子マネー・クレジット
管理者 存在しない 存在する
利用場所 不特定多数 特定の加盟店
通貨単位 通貨名(例:BTC) 法定通貨(例:円)

電子マネーだとSuicaはJR東日本、クレジットカードはVISA・JCB・MasterCardが管理しています。

また、電子マネーは日本円をチャージして使うものなので、その単位は「」になります。

このように「お金」のように決済利用ができるといった点では一緒ですが性質は異なります。

ブロックチェーンで管理

仮想通貨はブロックチェーンという「分散型台帳技術」が使われています。

「分散型台帳」に取引が記録されており、不正や改ざんは不可能に近いと言われています。

このブロックチェーン技術によってインターネット上で買い物する時に管理者(VISA・JCB・MasterCardなど)を介さなくても取引ができる仕組みになっているのです。

特にブロックチェーン技術は世界的に注目されており、大手企業も新たなサービスにこのブロックチェーン技術を活用しています。

1000種類以上のコインが存在

2017年以降から代表的な仮想通貨であるビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインをはじめ、新たらしい仮想通貨が増え続け1000種類以上あると言われています。

詐欺の仮想通貨もたくさん登場しており、被害も多く発生したために仮想通貨に対する印象も悪くなったのも事実です。

仮想通貨の業界はまだまだ発展途上の段階ではあるので、本気で取り組むにはある程度の知識が必要だと思っています。

将来便利になるであろう仮想通貨から、怪しい仮想通貨もあるのでホワイトペーパーをみながら大丈夫なのかどうかを判断しましょう。

専門取引所などで交換する事ができる

仮想通貨はZaifbitFlyerbitbankなどから法定通貨と交換する事ができます。

2017年以降に仮想通貨を取り扱っている専門取引所もたくさん登場しましたが、コインチェック騒動によりなくなった取引所も多いです。

これから初めて仮想通貨に取り組む方は金融庁も認めている国内取引所から購入することをオススメします。

まとめ

特徴のまとめ
  • 「お金」のように決済利用ができる
  • ブロックチェーンで管理されている
  • 1000種類以上のコインが存在
  • 専門取引所などで交換する事ができる

仮想通貨とはブロックチェーンという「分散型台帳」に取引が記録されており、インターネット上で「お金」のように商品やサービスの決済に利用できる通貨です。

また、中央銀行や金融機関を経由せずにやりとりができる為、海外の送金時の手数料が安くすみ、決済時間を大幅に短縮できるといった利点があり将来性があります。

故に技術も発展途上な部分が多いため、詐欺の仮想通貨も多く存在します。

金融庁も認めている国内取引所で購入が比較的安全です。